Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報含む申請書類が所在不明 - 名古屋市

名古屋市は、事業者から提出された個人情報含む申請書類が所在不明となっていることを明らかにした。

同市によれば、配食サービス事業者の指定を希望する事業者から3月上旬に提出された申請書類が、所在不明となっているもの。

問題の書類には、提出した事業者の代表者および職員の氏名、生年月日のほか、同事業者が利用する金融機関の口座番号などが記載されていた。

5月8日、同事業者から指定決定の通知が来ていないと連絡があり、書類の紛失が判明。捜索したが発見できなかった。同市では、同事業者に説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2019/06/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報含む伝票を紛失、誤廃棄の可能性 - 百十四銀
入籍届3件を紛失、4月に判明 - 岩美町
小学校で調査票が所在不明、判明後2カ月後に報告 - 湖南市
認定こども園で個人情報含む書類が所在不明 - 安曇野市
契約社員の個人情報が委託先で所在不明 - 電通
小学校で課題投函の移動中に名簿を紛失 - 西宮市
委託先で取引情報含むHDD2台が所在不明 - 三井住友銀
農村地域生活アドバイザー関連書類を一時紛失、関係者宅で見つかる - 新潟県
小学校で図書館利用データ含むHDDが所在不明 - 大阪市
個人情報の関連事故10件を公表 - 大阪市