Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

既知の「Office」脆弱性を狙うメールが流通 - あらためて更新済みか確認を

「Office」における既知の脆弱性「CVE-2017-11882」を狙った攻撃キャンペーンが観測された。脆弱性に対処したアップデートが適用されているかあらためて確認しておきたい。

注意喚起を行ったマイクロソフトによると、脆弱性を悪用する「RTFファイル」をメールで送りつける動きが、ここ数週間にわたり増加しているという。

メールは欧州の言語で記載されており、脆弱性が修正されていない「Office」で誤って開くと、悪意あるコードを実行されるおそれがある。バックドアをダウンロードするため、「VBScript」「PowerShell」「PHP」など複数のスクリプトを組み合わせて作成されていた。

問題の脆弱性は、「Office」のコンポーネントである数式エディタに存在するバッファオーバーフローの脆弱性。2017年11月のセキュリティ更新で修正されている

(Security NEXT - 2019/06/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware Workstation」などに複数脆弱性を解消するアップデート
Adobe、複数製品向けにアップデートをリリース - 深刻な脆弱性を修正
MS月例更新がリリース、脆弱性74件を修正 - 一部でゼロデイ攻撃も
トレンド複数製品に管理画面回避のおそれ - パッチリリース
NVIDIAのディスプレイドライバに複数脆弱性 - アップデートを提供
「Joomla 3.9.13」がリリース - 脆弱性2件を修正
フリマアプリ「ラクマ」に認証情報漏洩のおそれ
「Office for Mac」の「マクロ無効設定」が回避されるおそれ
オムロン製安全回路プログラミングツールに脆弱性 - アップデートがリリース
トレンドマイクロ「Apex One」にコマンドインジェクションの脆弱性