Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

既知の「Office」脆弱性を狙うメールが流通 - あらためて更新済みか確認を

「Office」における既知の脆弱性「CVE-2017-11882」を狙った攻撃キャンペーンが観測された。脆弱性に対処したアップデートが適用されているかあらためて確認しておきたい。

注意喚起を行ったマイクロソフトによると、脆弱性を悪用する「RTFファイル」をメールで送りつける動きが、ここ数週間にわたり増加しているという。

メールは欧州の言語で記載されており、脆弱性が修正されていない「Office」で誤って開くと、悪意あるコードを実行されるおそれがある。バックドアをダウンロードするため、「VBScript」「PowerShell」「PHP」など複数のスクリプトを組み合わせて作成されていた。

問題の脆弱性は、「Office」のコンポーネントである数式エディタに存在するバッファオーバーフローの脆弱性。2017年11月のセキュリティ更新で修正されている

(Security NEXT - 2019/06/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VAIO」向けアップデートソフトに複数の脆弱性
リモートデスクトップ狙うアクセスが増加 - 広範囲のポートに探索行為
「Apache Tomcat」にリソース枯渇のおそれ - アップデートで修正
Apple、「AirMac」向けファームウェアを公開 - 脆弱性8件に対処
「Firefox」がわずか2日で再度アップデート - サンドボックス回避の脆弱性を修正
ゼロデイ攻撃発生中の脆弱性へ対処した「Firefox 67.0.3」がリリース
Android向け「Outlook」にXSS攻撃が可能となる脆弱性
「BIND 9」にリモートより悪用可能な脆弱性 - アップデートが公開
「WebLogic」に深刻な脆弱性、リモートよりコード実行のおそれ - 4月の修正とは異なる脆弱性
「Samba」に複数の脆弱性 - サービス拒否のおそれ