Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

5月最終週は個人情報保護を啓発する「Privacy Awareness Week」

5月27日から6月3日まで、プライバシー問題や個人情報保護の重要性を啓発する「Privacy Awareness Week」を迎えている。

アジア太平洋プライバシー執行機関(APPA)では、各参加機関に対し毎年事務局が定める月に「Privacy Awareness Week」を設定。期間中はプライバシー問題と個人情報保護の重要性に対する認識向上に向けた活動を行うよう義務付けている。

2019年度は5月中に開始することが決められたため、個人情報保護委員会では、第51回APPAフォーラムおよびG20サイドイベントが行われる5月27日から6月3日までを、2019年度の「Privacy Awareness Week」に設定した。

期間中は、APPAフォーラムの開催のほか、個人情報の取り扱いマナーをまとめた啓発ポスターを、地方公共団体の庁舎や郵便局に掲示するなど、個人情報の保護と活用についての理解を深める活動を展開。

また「G20大阪サミット」のサイドイベントとして、6月3日に安全で自由な個人データ流通の価値について議論する「個人データ国際セミナー」を都内で開催する予定。

(Security NEXT - 2019/05/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「フィッシングメール見破れる」国内外で大きな差
生活で約6割が「個人情報漏洩」に不安 - ネット調査
個情委、個人情報流出で「Amazon」に行政指導
クラウド上の機密データ、暗号化している組織は約半数
「リクナビ」問題で個人情報保護委員会に報告書 - 学生向け説明ページも
Pマーク事業者の個人情報事故は2323件 - 「目的外利用」の報告が増加
個情委、JapanTaxiに再度指導 - 4カ月間改善なく
半数が「スマホ決済」の不正利用に不安 - ネガティブイメージ先行
公取委、「デジタルプラットフォーマー」の個人情報取得で指針案 - パブコメ実施
約300台のワーム感染や偽決済画面設置の原因は? - 実例を解説