Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

未成年スマホのフィルタリング使用率は4割 - 9.5ポイント減

携帯電話やスマートフォンを所持する未成年者のうち、フィルタリングを使用している割合は40%だった。前回調査から9.5ポイント減となっている。

デジタルアーツが、未成年者における携帯電話やスマートフォンの利用実態について、4月1日から2日にかけて調査したもの。携帯電話またはスマートフォンを所持する全国の小中高校生618人、および同年代の子どもを持つ保護者618人、合計1236人が回答した。

携帯電話を持つ未成年者のうち、スマートフォンの割合は94.5%。特に小学生の所有率が90%と前回調査から16.5ポイント増加した。

携帯電話購入時に、フィルタリング設定の説明を受けた未成年者は52.9%で、前回から15.4ポイント増加。しかし、実際の使用率は40%で、前回調査から9.5ポイント減少している。

(Security NEXT - 2019/05/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

海賊版サイトへのアクセス抑止策に関する報告書 - 総務省
高校生のセキュリティ対処能力は上昇傾向
抜け漏れないウェブのセキュリティ対策を - IPAがポイント20カ条
子どものスマホ安全対策、約半数が利用せず - 有料アプリ利用は4.6%
トレンドと警視庁、子どものインターネット被害防止で契約締結
2016年のモバイルセキュリティ市場は65億円 - 5年後には2倍に
子どもの4人に1人がSNSでトラブル - 不正ログインや架空請求も
プロバイダにおける迷惑メール対策導入状況を公表 - 総務省
「Interop Tokyo 2017」が開幕、セキュリティ関連の出展も充実 - 6月9日まで
子どものネット安全対策、保護者の5人に1人は無策