Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

件数減るも20Gbps規模のDDoS攻撃を引き続き観測 - IIJ

インターネットイニシアティブ(IIJ)によると、3月のDDoS攻撃は、前月よりやや減少した。SSDPによるリフレクション攻撃が目立っている。

同社が、DDoS攻撃防御サービスにおける3月の観測動向を取りまとめたもの。3月に同社が観測したDDoS攻撃は434件。前月の441件から7件減少した。

1日あたり14件で前月の15.8件から1割以上縮小している。ただし、25件超の攻撃が発生した日もあれば、5件に達しない日もあるなど、日によってばらつきが見られた。

20190509_ii_001.jpg
3月におけるDDoS攻撃の発生状況(グラフ:IIJ)

(Security NEXT - 2019/05/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
2月はDDoS攻撃の観測件数が増加 - 目立つLDAPの増幅攻撃
2018年はDDoS攻撃26%増、「じゅうたん爆撃DDoS攻撃」など巧妙化
DNSやLDAPによる増幅攻撃を観測 - 複合型のDDoS攻撃も
前四半期からインシデント件数が3割増 - 「スキャン」や「フィッシング」など
2018年11月のDDoS攻撃、約1割減 - 前月上回る規模の攻撃も
DDoS攻撃が前月比1割増、規模は縮小 - 4時間継続した攻撃も
9月のDDoS攻撃、前月からやや減少 - DNSリフレクション攻撃など確認
2018年2QのDDoS攻撃が3割減 - 一方で「UDPフラッド」など増加
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに