Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「WebLogic」の脆弱性、ランサムウェアの標的に

Ciscoによると、4月25日に脆弱性の悪用が可能であるか試行され、翌26日より感染活動をスタート。外部サーバに接続させ、不正なファイルやスクリプトをダウンロード、最終的にランサムウェア「Sodinokibi」を実行しようとしていた。

同ランサムウェアに感染すると、ユーザーのディレクトリ内にあるデータが暗号化され、「Windows」のシャドウコピーのバックアップも削除するという。

また攻撃者は、「Sodinokibi」の感染を試みた攻撃から約8時間後には、再び脆弱性を悪用し、別のランサムウェア「Gandcrab」を同じシステムに展開したという。「Gandcrab」のバージョンは「5.2」としており、「5.1」まで対応する従来の復号ツールでは復旧できない可能性がある。

同じシステムに対し、複数回にわたってランサムウェアを感染させることに違和感があるが、攻撃者は当初の「Sodinokibi」の展開に失敗したと考え、再度別のランサムウェアを用いた可能性があると同社は分析した。

今回明らかとなった脆弱性「CVE-2019-2725」の悪用は容易で、より広範囲に攻撃がしかけられる可能性があると指摘。セキュリティベンダーやセキュリティ機関では、パッチの適用など、早急に対策を講じるよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/05/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache Tomcat」にリソース枯渇のおそれ - アップデートで修正
Apple、「AirMac」向けファームウェアを公開 - 脆弱性8件に対処
「Firefox」がわずか2日で再度アップデート - サンドボックス回避の脆弱性を修正
ゼロデイ攻撃発生中の脆弱性へ対処した「Firefox 67.0.3」がリリース
Android向け「Outlook」にXSS攻撃が可能となる脆弱性
「BIND 9」にリモートより悪用可能な脆弱性 - アップデートが公開
「WebLogic」に深刻な脆弱性、リモートよりコード実行のおそれ - 4月の修正とは異なる脆弱性
「Samba」に複数の脆弱性 - サービス拒否のおそれ
LINE海外法人の求人サイトに脆弱性、外部報告で判明 - 調査以外の形跡確認されず
MTA「Exim」に対する攻撃が拡大 - 脆弱なサーバは360万台以上稼働か