Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

診断ツールにガイドラインチェック機能など追加 - NRIセキュア

NRIセキュアテクノロジーズは、セキュリティ対策状況の診断ツール「Secure SketCH」に、ガイドラインチェック機能とレポート出力機能を追加した。

同ツールは、自社のセキュリティ対策状況についてウェブ上で質問に回答することにより、他社の登録データと比較した診断結果を参照できるサービス。

今回、有償で提供している「STANDARDプラン」に、ガイドラインチェック機能を追加。国内外のセキュリティガイドラインに自社のセキュリティ対策状況が準拠しているか確認できる。

サービス開始当初は、米国国立標準技術研究所(NIST)の「NIST Cyber Security Framework Version 1.1」と、経済産業省が策定した「サイバーセキュリティ経営ガイドラインVer.2.0」に対応しており、今後は他ガイドラインにも対応予定だという。

診断結果をレポートとしてHTMLファイルで出力できる機能も追加した。「STANDARDプラン」の月額利用料は2万1600円。

(Security NEXT - 2019/04/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IoTのセキュリティ対策をトータルに支援するサービス - 富士通SSL
システム開発の「Shift Left」を支援するコンサルサービス - BBSec
電力事業者向けにセキュリティGL対応支援コンサルサービス
委託先セキュリティ検査を支援するパッケージ - NRIセキュア
AOSデータ、セキュリティを強化したクラウドバックアップ - 医療業界などへ展開
AWS利用時のセキュリティ評価を定額パッケージで - PwC
仮想通貨取引所向けのセキュリティ評価サービス - ニュートン
国家試験「iパス」、セキュリティ分野の項目を拡充 - 2019年度試験から
セキュリティ対策など整理した「医療情報システム向けAWS利用リファレンス」 - 4社が共同作成
IoT向けセキュリティコンサルサービス - EGセキュア