Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PHPベースのメールクライアント狙う攻撃が1月より発生中

脆弱な環境で稼働するウェブメールクライアントの探索行為が確認されている。脆弱性を悪用されると任意のOSコマンドを実行されるおそれがあり、警察庁が注意を喚起した。

探索対象となっているのは、The Horde Projectが開発するウェブメールクライアント「Internet Messaging Program(IMP)」。

同ツールは、「PHP」により開発された「IMAP4プロトコル」へ対応するメールクライアント。2018年11月、「PHP」に脆弱性が明らかとなり、脆弱な環境で稼働する同ソフトが探索対象となっている。

もともと脆弱性「CVE-2018-19518」が明らかとなったのは、ワシントン大学の「IMAP Toolkit 2007f」だったが、「PHP」では「IMAP4プロトコル」を用いた通信を行う関数「imap_open」で同ツールキットを用いていたことから影響が連鎖した。脆弱性を悪用されると、任意のOSコマンドを実行されるおそれがある。

(Security NEXT - 2019/03/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も
ゼロデイ攻撃への悪用目立つ「権限昇格の脆弱性」
複数「VPNアプリ」に「Cookie」窃取されるおそれ - 一部ベンダーは反論
研究者が最新版IEの脆弱性を指摘 - 修正予定なく、実証コードが公開へ
Oracle、四半期定例アップデートを公開 - 脆弱性297件を修正
「Java SE」最新版がリリース - 5件の脆弱性に対応
Windows向け「Apache Tomcat」にリモートよりコード実行のおそれ