Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

企業の14%がセキュ事故経験 - サイバー保険加入率は12%

セキュリティ関連の事故を経験した企業は14.1%。経験したことがない企業が74.4%だった。

売上高規模で見ると、100億円以上の企業の32.4%、従業員1000人以上の企業の41.3%、個人情報保有件数1万件以上の企業の26.9%が経験ありと答えており、平均を大きく上回る。

サイバー保険の加入状況を見ると、「加入している」企業は12%、「加入を検討したが加入しなかった」企業は13.6%、「検討したこともなく加入もしていない」企業が73.3%だった。

従業員数1000人以上の企業で30.4%が加入、個人情報保有件数1万件以上の企業で27.7%だった。

(Security NEXT - 2019/03/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

総務省、電気通信事故の報告基準を改正 - 「LPWA」の基準を制定
中堅企業「情シス」、4割弱が1人以下 - 前年から7ポイント増
漏洩などの報告方法をネットに変更、3月下旬めどに - 個人情報保護委員会
マイナンバー再委託問題でPマーク認定事業者に注意喚起 - JIPDEC
2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件
JCIC、個人情報流出による損失額の数値化モデル - GDPR制裁金や時価総額なども考慮
Pマーク、2017年度の事故報告は2399件 - 4件に1件は「メール誤送信」
マイナンバー関連事故は374件、前年度から倍増 - 5件は「重大な事態」
JNSA、「経営者のための情報セキュリティ対策」を公開 - 「ISO 31000」を例に解説
自動運転車のハッキング事故、盗難車事故と同じ - ただし「アップデート」の注意義務