Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セーフティクリティカルなシステムでのLinux活用目指してプロジェクト

The Linux Foundationは、Linuxベースのセーフティクリティカルなシステムの構築が容易となるよう、「Enabling Linux in Safety Applications(ELISA)オープンソースプロジェクト」を立ち上げた。

同プロジェクトは、障害や故障などが人命を脅かす可能性があるセーフティクリティカルなシステムをLinuxベースで構築したり、認証が受けられるよう、共通のツールやプロセスを開発するもの。

セーフティクリティカルシステムを提供する場合、エラーやハードウェア障害、環境変化への対応など、機能安全目標をクリアし、信頼性や品質保証、リスク管理、開発プロセス、文書化といった要件を満たすことを証明することが開発企業に求められるが、Linuxにおいてこれらを証明する文書やツールが不足していた。

同プロジェクトは、トヨタ自動車、BMW Car IT、ARM、KUKA、Linutronixなどが創設メンバーとして参加し、認証機関や標準化団体とも連携。

「SIL2LinuxMP」や「Real-Time Linux」といったプロジェクトの成果をベースとしつつ、エレメントプロセスツールの共通セットを定義、メンテナンスを行い、ロボット、医療、スマートファクトリー、自動運転、輸送といった分野でLinuxを活用できる環境の整備を進める。

具体的には、「リファレンスドキュメント」や「ユースケース」の開発に取り組むほか、安全工学のベストプラクティスに関するコミュニティの教育、システムに関わるクリティカルコンポーネントのインシデントやハザードを監視することによるメンバーの支援などを行う。

(Security NEXT - 2019/02/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2021年2月に「制御システムセキュリティカンファレンス」開催 - CFP開始
IoT機器で広く採用される「Treck TCP/IP Stack」に深刻な脆弱性
横河電機の制御システム向けアラーム管理ソフトに複数脆弱性
FWルールを自動生成する産業制御システム向けルータ - フエニックス
2020年2Qの脆弱性登録は4279件 - EOLの「Win 7」は166件
セキュアブート回避の脆弱性「BootHole」が判明 - LinuxやWindowsに影響
「SMBleed」公表以降、「SMBv3」の探索行為が増加
2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加
米政府、制御システムの保護に向けた戦略を発表
F5「BIG-IP」の脆弱性狙う攻撃を国内で観測