Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正データ操作や迷惑メール送信で職員を処分 - 奈良市

奈良市は、業務用パソコンよりデータを不正に移動、削除したり、上司や部下へ繰り返し迷惑メールを送信したとして同市職員の懲戒処分を実施した。

同市によれば、当時同市医療政策課で係長だった職員が、2018年10月19日7時ごろ、業務用パソコンを不正に操作し、データの一部を移動したり、削除などを行ったもの。同日午前中の公務に影響が出た。

一部業務が相談や報告なく進められ、別件で参加できない日程に設定されるなど、同職員が意図的に業務から外されたと思い込んだことが原因としており、不正なデータ操作以外にも、上司と部下に対して迷惑メールを繰り返し送信。注意を受けた後も同様の行為を行っていたという。

同市ではこれら行為が地方公務員法に違反するとして、同職員に対し、2月20日付けで減給1カ月とする懲戒処分を実施した。

(Security NEXT - 2019/02/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

元職員が個人情報を持ち出し、選挙活動に利用か - 平塚市
業務外で個人情報を保有、市職員を処分 - 阿波市
女児虐待死事件、アンケート提供理由に職員処分 - 野田市
個人情報を不正取得、住民に押しかけた職員を懲戒免職 - 高崎市
医療機器メーカー元従業員が書類送検 - 患者や顧客、技術情報など不正持出
小学校職員を懲戒処分、個人情報持ち出しや紛失書類の偽造で - 仙台市
OTPトークン盗み不正アクセス、奈良県職員が懲戒免職
戸籍謄本など不正入手、職員を懲戒免職 - 東京都
マイナンバーカード盗難で職員3人を懲戒処分 - 横浜市
業務で入手した個人情報で電話した職員を処分 - 郡山市