Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

通販サイトで情報流出、不正プログラムでクレカ情報も窃取か - JR九州傘下のドラッグストア

しかしその後の調査で、同サイト上にデータを窃取する不正なプログラムが設置されていたことが判明。データベース内で保持していた情報にくわえ、サイト上で入力されたセキュリティコードを含むクレジットカード情報についても被害に遭った可能性がある。

ただし、2月4日の段階で流出したクレジットカード情報が悪用され、被害が生じたとの報告は寄せられていないという。

同社は取材に対し、不正アクセスの原因が脆弱性であることを明らかにしているが、脆弱性の具体的な内容や、設置された不正プログラムの内容については、回答を避けた。

同社では連絡先が判明している顧客に対し、書面とメールで連絡を取っている。またクレジットカードが流出した可能性がある顧客には、心当たりのない請求が行われていないか確認するよう呼びかけている。

今回の事故について経済産業省と個人情報保護委員会への報告した。同社ではシステムのセキュリティ対策や監視体制の強化を図り、再発防止を目指すとしているが、サービスの再開時期は未定としている。

(Security NEXT - 2019/02/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小学校の代表メールが乗っ取り、スパムの踏み台に - 取手市
サーファー向け情報サイトでパスワードなど流出
WP用プラグインの開発者サイトに不正アクセス、顧客にメール - 元従業員が侵入か
「宅ふぁいる便」への不正アクセス、顧客情報約480万件の流出を確認
つり番組サイトに不正アクセス - 「脆弱性診断ツール」を悪用か
学生の個人情報含むPCが海外で盗難被害 - 長岡技術科学大
学研の電子書籍配信サービスに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
しょうが関連製品通販サイトに不正アクセス - クレカなど個人情報が流出
「DLmarket」への不正アクセス、顧客のクレカ情報も被害か
マーケ支援サービスのクラウド認証キーが盗難被害 - 不正サーバ構築、顧客データも