Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

通販サイトで情報流出、不正プログラムでクレカ情報も窃取か - JR九州傘下のドラッグストア

ドラッグストア「ドラッグイレブン」の通信販売サイトが不正アクセスを受け、個人情報が流出した可能性があることがわかった。クレジットカード情報を窃取する不正なプログラムも設置されたという。

同サイトを運営するJR九州ドラッグイレブンによれば、流出した可能性があるのは、メールマガジンの会員情報3万2799件や、通信販売サイトの顧客情報1447件など、最大であわせて3万4246件の個人情報。氏名や住所、電話番号、メールアドレスなどが含まれる。

さらに、2016年4月12日から2018年11月8日にかけて、同サイトでクレジットカード決済を利用した顧客のクレジットカード情報458件に関しても、クレジットカードの名義や番号、有効期限、セキュリティコードが流出したおそれがある。

11月8日に同サイトが改ざんされていることへ気が付き、不正アクセスが判明。同月10日に事態を公表したが、当初発表ではクレジットカード情報は含まれないとしていた。

(Security NEXT - 2019/02/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

事務用品通販サイトの顧客情報流出 - クレカ流出件数を修正
コインチェックのドメイン管理に不正アクセス - 改ざんで顧客メール窃取か
アンケートサイトで不正ログイン - ポイントの不正交換も
海外拠点経由の不正侵入で情報流出、内部横展開も - NTTコム
不正アクセスで個人情報流出か - 経団連事業サービス
2018年の通販サイト不正アクセスを公表 - 磁石専門店
アカウントが乗っ取り被害、フィッシング踏み台に - マウスコンピューター
「NarSuS」利用者情報約6万件の流出確認 - アイ・オー・データ
NAS管理サービスのテストサーバに不正アクセス - アイ・オー・データ
鳥取市の通販サイトに不正アクセス - 利用者情報が流出