Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

WP用プラグインの開発者サイトに不正アクセス、顧客にメール - 元従業員が侵入か

コンテンツマネジメントシステム(CMS)の「WordPress」向けに提供されているプラグイン「WPML」の開発者が不正アクセスを受けたことがわかった。

同ソフトは、日本語をはじめ、複数言語に対応するマルチリンガルサイトを構築するためのOnTheGoSystems製有償プラグイン。

「同プラグインにはセキュリティ上の欠陥がある」などと指摘するメールが、プラグインの購入者に対して同社経由で送りつけられたという。

問題のメールでは、攻撃者はプラグインの利用者を名乗り、同社サイトでも利用されていた同プラグイン経由でメールを送信することが可能となったと主張。プラグインの脆弱性を強調した。

今回の問題に対して同社は、ウェブサイトが1月13日の週に侵害されたことを認め、攻撃を行ったのは元従業員で、SSHの古いパスワードや過去にのこしたバックドアを利用したものだと経緯を説明。

(Security NEXT - 2019/01/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2015年の不正アクセスで流出した平文PW見つかる、報償金制度で - Slack
バイク用品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が被害
人材派遣会社に不正アクセス - 情報流出の有無など調査中
教員メルアカ、スパム送信の踏み台に、メールの不正閲覧も - お茶の水女子大
石井スポーツ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
フォトブックサービスに不正アクセス - クレカ情報約1.5万件が流出か
学生メルアカが乗っ取られスパム送信、情報流出の可能性も - 東北工業大
感染は「Emotet」亜種、メール経由で - 多摩北部医療センター
旧通販サイトでクレカ情報流出、原因は「Heartbleed」 - スイーツ通販サイト
熊本ワインの通販サイトで決済画面改ざん - クレカなど顧客情報流出の可能性