Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アンラボ、スマートデバイス向けに情報保護アプリ

アンラボは、スマートデバイス向けに情報保護アプリ「AhnLab PriMa」を提供開始した。価格は1台3年版で4500円。

同アプリは、AndroidやiOSを搭載した端末向けに情報の保護機能を提供するアプリ。情報を暗号化して保存する「セキュアメモ」や写真にモザイクをかける機能を備える。

またSNSにおいて不要な連携を解除する「SNSチェッカー」や、Android向けには、SMSやメッセンジャーに個人情報や危険なURLなどが含まれていないか確認できる「個人情報スキャン」を用意した。

(Security NEXT - 2019/01/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

デジタルハーツHDとラック、脅威ベースペネトレ事業で合弁
斜め顔やマスク姿にも対応する顔認証技術をAPIで提供
Androidアプリの脆弱性診断、ソニーDNAがラックに譲渡
詐欺サイト対策ソフトが「Edge」や「Safari」に対応 - BBSS
ブランド悪用アプリや機密情報漏洩の検知サービス
ネットサービスの不正予兆検知サービス - 不正決済やマネロン、PWリスト攻撃に対応
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加
アジア地域初の「Transparency Center」を設置 - Kaspersky
コンテナイメージのリスクを可視化する製品 - トレンド
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - アプリ異常動作を検知