Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アンラボ、スマートデバイス向けに情報保護アプリ

アンラボは、スマートデバイス向けに情報保護アプリ「AhnLab PriMa」を提供開始した。価格は1台3年版で4500円。

同アプリは、AndroidやiOSを搭載した端末向けに情報の保護機能を提供するアプリ。情報を暗号化して保存する「セキュアメモ」や写真にモザイクをかける機能を備える。

またSNSにおいて不要な連携を解除する「SNSチェッカー」や、Android向けには、SMSやメッセンジャーに個人情報や危険なURLなどが含まれていないか確認できる「個人情報スキャン」を用意した。

(Security NEXT - 2019/01/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SSOサービスがFIDO2や顔認証に対応 - DDS
個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス
バラクーダ、WAF向けにボット検出機能 - PWリスト攻撃対策など検出
ネット上の脅威リスク評価機能を追加 - NRIセキュア
トレンドら、制御システム向けのセキュアな無停止型エッジサーバを提供
ドメインに関する脅威分析情報を提供するサービス - ISID
DDoS攻撃対策製品を機能強化、最大500Gbpsに対応 - A10
サプライチェーンリスク診断など8サービスをリリース - ソリトン
個人データからライフスタイルを提案する実証実験 - 富士通と電通
コピー書類のマスキングを支援、複合機用アプリ - リコー