Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Adobe Acrobat/Reader」が定例外アップデート - 当初より重要度を格上げ

同社では、これら脆弱性へ対処したアップデートとして、「Continuous(連続トラック)」向けに「同2019.010.20069」を用意。「同2017」に対して「同2017.011.30113」、「Classic(クラシックトラック)2015」向けに「同2015.006.30464」を提供している。

今回のアップデートは、同社をはじめ各社が定例のセキュリティアップデートを公開する米時間毎月第2火曜日、いわゆる「パッチチューズデー」から5日ほど早く、年明け直後の定例外更新となった。

同社は修正した脆弱性について、これまでの経験上、リスクが高いとする一方、差し迫った脅威ではないとし、適用優先度を当初と同じ3段階中2番目にあたる「2」に据え置いた。30日以内を目安に更新を行うよう促している。

20190104_as_001.jpg
定例外でリリースされたセキュリティアップデート。重要度を当初予告から格上げしたが、適用優先度は「2」に据え置いた(表:Adobe)

(Security NEXT - 2019/01/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ColdFusion」に3件の深刻な脆弱性 - コード実行のおそれ
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
WP向け出勤管理プラグインなどに複数脆弱性
OSSのwikiシステム「GROWI」に2件の脆弱性 - アップデートがリリース
「VMware Tools」や「Workstation」に脆弱性
HPE IMCに多数の深刻な脆弱性 - 早急にアップデートを
「Windows 10」のリモート接続で画面認証回避のおそれ - 修正パッチは未提供
ワーム悪用懸念の脆弱性を含む端末が95万台弱
PHPにヒープバッファーフローなど複数の脆弱性 - アップデートが公開
「Joomla」のファイル添付機能拡張に脆弱性 - コード実行のおそれ