Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ピクサー製レンダリングソフトに脆弱性 - アップデートがリリース

トイ・ストーリーなど人気3Dアニメーション作品を手がけるPixar Animation Studios製のネットワークレンダリングソフトウェア「Tractor 2」に脆弱性が含まれていることが明らかになった。セキュリティ機関などがアップデートを呼びかけている。

「同2.2」および以前のバージョンにおいて、コメントの取り扱いにクロスサイトスクリプティングの脆弱性「CVE-2018-5411」が含まれていることが明らかとなったもの。同脆弱性を悪用されると、製品にログインしているブラウザ上で任意のスクリプトを実行されるおそれがある。

同社では、脆弱性への対応も含む最新版「同2.3」をリリース。セキュリティ機関などがアップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/12/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットバンク不正送金の多発で金融庁が注意喚起
「Docker」の既知脆弱性にPoC - 影響大きく更新状態の確認を
出光クレジットの通販サイト装うなりすましメールに注意
「カメラ制限」で実証実験 - スマホ持込許可しつつリスク低減
記憶媒体の長期保管サービス - 証拠確保を支援
海外出張先で患者情報含むPC盗難 - 徳島大病院
Android版「Outlook」に定例外セキュリティ更新
「BIND 9」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートを
PHP脆弱性狙うランサム攻撃「NextCry」が発生
メルアカ乗っ取りで迷惑メールの踏み台に - 日ポリ化工