Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイナンバー69万件含む国税データ入力を違法に再委託

東京国税局や大阪国税局の委託先において、マイナンバー含む個人情報のデータ入力業務が違法に再委託されていたことがわかった。

データ入力業務を受託していたシステムズ・デザインにおいて、契約や法令に反して外部へ業務を再委託していたことが国税局の監査により明らかとなったもの。

同社では、両国税局から2017年と2018年分のデータ138万8722件の入力業務を受託。そのうち東京国税局の60万4614件、大阪国税局の9万2000件について再委託していた。再委託先からの情報流出などは確認されていない。

さらに一部従業員が、個人情報含む資料134件をスキャナを使って無断でデータ化。保存していたという。

(Security NEXT - 2018/12/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ホビーショップでクレカ情報流出 - 委託先のログ削除で被害範囲特定できず
税額決定通知書を異なる事業者へ誤送付 - 大阪市
学内関係者向けサイトに不正アクセス、PWや個人情報が流出 - 東京理科大
黒大豆の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
アンケート用紙が運搬中に飛散、一部紛失 - 名古屋観光コンベンションビューロー
顧客宛ての送付書類に電話番号を誤記載 - 大阪市水道局
メール送信先ドメインの綴りにミス、ボランティア名簿が流出 - 宮城県
寝台列車「ななつ星」通販サイトに不正アクセス - JR九州
再委託先が個人情報含む図面などを一時紛失 - 横須賀市
顧客情報を誤表示、キャッシュ設定ミスで - グリーンスタンプ