Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイナンバー69万件含む国税データ入力を違法に再委託

東京国税局や大阪国税局の委託先において、マイナンバー含む個人情報のデータ入力業務が違法に再委託されていたことがわかった。

データ入力業務を受託していたシステムズ・デザインにおいて、契約や法令に反して外部へ業務を再委託していたことが国税局の監査により明らかとなったもの。

同社では、両国税局から2017年と2018年分のデータ138万8722件の入力業務を受託。そのうち東京国税局の60万4614件、大阪国税局の9万2000件について再委託していた。再委託先からの情報流出などは確認されていない。

さらに一部従業員が、個人情報含む資料134件をスキャナを使って無断でデータ化。保存していたという。

(Security NEXT - 2018/12/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

レターパックで送付した妊婦や乳児の健康診断受診票が所在不明
市営住宅入居者の個人情報含む台帳を紛失 - 川崎市
学研の電子書籍配信サービスに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
委託先が業務用端末と制服を置き忘れて紛失 - 東京ガス
マイナンバー含む不適切な業務再委託、国税局以外に171万件 - システムズ・デザイン
ゲームグッズ通販サイトでクレカ情報流出 - 流出済情報の有効性確認と見られる痕跡も
取材データの誤送信で職員8人を懲戒処分 - NHK
起業家発掘セミナー参加者宛のメールで誤送信 - 愛知県
結婚式招待状の通販サイトに不正アクセス - メアド約2.8万件が流出か
街頭インタビュー映像や音声のファイルを誤送信 - NHK