Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスで会員情報約1万件が流出 - リガク

分析機器などの製造、販売を手がけるリガクは、サーバが不正アクセスを受け、会員サイトに登録された会員情報が流出したことを明らかにした。

同社によれば、8月9日、9月7日に不正アクセスを受け、データベース内より会員情報が流出したという。

9月27日ごろより、メールアドレスやパスワードの流出に関する指摘が複数寄せられ、外部事業者が調査したところ、問題が判明した。

8月9日の不正アクセスでは、会員情報を保存するデータベースから、9655件のメールアドレスとパスワードが流出した。

(Security NEXT - 2018/11/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

防衛省「注意情報」が流出した可能性 - 三菱電機
不正アクセスでスパム送信、情報流出のおそれも - 長岡技科大
サイバー攻撃の経緯や調査方法などを明らかに - 三菱電機
防衛装備関連情報が流出か - 三菱電の再精査で判明
保育園向け連絡帳アプリで情報流出 - テスト環境への不正アクセス
メルアカ2件に不正アクセス、不正転送など発生 - 農工大
ソフトバンク元従業員が業務文書の持ち出しで逮捕
不正アクセス原因、PWスプレー攻撃の可能性 - 東京企画
レジ用品通販サイトに不正アクセス、顧客のメアドが流出
三菱電機、個人情報や機密情報が流出 - ログ消去の妨害も