Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PowerDNSに複数脆弱性、アップデートで修正 - バグ判明で急遽再リリースも

蘭PowerDNS.COMは、DNSサーバ「PowerDNS Authoritative Server」「PowerDNS Recursor」のアップデートをリリースした。いずれもバグフィクスや機能強化にくわえ、複数の脆弱性を解消している。

今回明らかになった脆弱性を見ると、権威DNSサーバである「PowerDNS Authoritative Server」では、細工されたゾーンレコードによりサービス拒否に陥るおそれがある「CVE-2018-10851」や、細工されたクエリによりパケットキャッシュの汚染が生じ、DNSSEC署名が確認できずサービス拒否が生じる「CVE-2018-14626」が判明した。

さらにキャッシュDNSサーバ「PowerDNS Recursor」では、これら脆弱性にくわえて細工されたクエリを送信することで、DNSSEC検証を失敗したと誤判定させ、サービス拒否が生じる「CVE-2018-14644」を解消した。同脆弱性は坂口俊文氏が報告したものだという。

いずれも脆弱性の重要度は「中(Medium)」とレーティングされており、開発チームは、「PowerDNS Authoritative Server 4.1.5」「同4.0.6」および「PowerDNS Recursor 4.1.5」「同4.0.9」で対処した。

ただし、「PowerDNS Recursor 4.1.5」では、「www.paypal.com」のCNAMEレコードに対する初回クエリが正しく判定されないとの指摘があり、DNSSEC検証においてあらたな問題が判明。急遽「同4.1.6」をリリースするとともに、詳細を調べている。

(Security NEXT - 2018/11/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メールセキュリティ製品「Cisco ESA」に深刻な脆弱性 - 悪用は未確認
Oracle、四半期定例パッチで脆弱性284件を修正
オムロン製ツール「CX-Protocol」に脆弱性
WordPress向けスパム対策プラグインにXSSの脆弱性
Intel、Wi-FiソフトからDC向けまで幅広いアップデート
2019年最初のMS月例パッチ - 脆弱性49件を解消
「Adobe Digital Editions」に情報漏洩の脆弱性
「Adobe Connect」にセッショントークンが漏洩する脆弱性 - アップデートが公開
「Windows 7」「WS 2008」のサポート終了まで1年 - 「ESU」活用も早めの検討を
1月3日に「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートがリリース予定