Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PowerDNSに複数脆弱性、アップデートで修正 - バグ判明で急遽再リリースも

蘭PowerDNS.COMは、DNSサーバ「PowerDNS Authoritative Server」「PowerDNS Recursor」のアップデートをリリースした。いずれもバグフィクスや機能強化にくわえ、複数の脆弱性を解消している。

今回明らかになった脆弱性を見ると、権威DNSサーバである「PowerDNS Authoritative Server」では、細工されたゾーンレコードによりサービス拒否に陥るおそれがある「CVE-2018-10851」や、細工されたクエリによりパケットキャッシュの汚染が生じ、DNSSEC署名が確認できずサービス拒否が生じる「CVE-2018-14626」が判明した。

さらにキャッシュDNSサーバ「PowerDNS Recursor」では、これら脆弱性にくわえて細工されたクエリを送信することで、DNSSEC検証を失敗したと誤判定させ、サービス拒否が生じる「CVE-2018-14644」を解消した。同脆弱性は坂口俊文氏が報告したものだという。

いずれも脆弱性の重要度は「中(Medium)」とレーティングされており、開発チームは、「PowerDNS Authoritative Server 4.1.5」「同4.0.6」および「PowerDNS Recursor 4.1.5」「同4.0.9」で対処した。

ただし、「PowerDNS Recursor 4.1.5」では、「www.paypal.com」のCNAMEレコードに対する初回クエリが正しく判定されないとの指摘があり、DNSSEC検証においてあらたな問題が判明。急遽「同4.1.6」をリリースするとともに、詳細を調べている。

(Security NEXT - 2018/11/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Firefox 78」がリリース - 脆弱性13件を修正 - 保護ダッシュボードの機能強化も
「Microsoft Windows Codecs Library」に複数脆弱性 - 定例外で更新
NETGEAR製品に10件のゼロデイ脆弱性 - 多数製品に影響
Palo Alto Networksの「PAN-OS」に認証回避の脆弱性 - VPNなども影響
「Apache Tomcat」に脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ
「VMware ESXi」など複数製品に深刻な脆弱性 - アップデートを
「Magento」に脆弱性 - 「1系」まもなくEOL、最後の更新
RPCフレームワーク「Apache Dubbo」にRCE脆弱性
脆弱性を解消した「Firefox for iOS 27」がリリース
「e-Tax受付システム」利用者向けのChrome拡張機能に脆弱性