Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント

アズジェントは、コネクテッドカー向けの「ECU(Electronic Control Unit)」について、開発段階でセキュリティに関するテストを行えるプラットフォームを2019年第1四半期より提供開始する。

イスラエルのKaramba Securityが開発したプラットフォーム「ThreatHive」を国内OEMやTier1向けに提供するもの。

同プラットフォームでは、開発中のECUソフトをクラウド上の仮想マシンで稼働。脆弱性について調査することが可能。価格はオープン。

(Security NEXT - 2018/10/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

法人SOC向けにセキュリティソリューション群 - カスペ
ネットサービスの不正予兆検知サービス - 不正決済やマネロン、PWリスト攻撃に対応
国内着弾標的型攻撃の解析情報をYARAルールで - マクニカネット
アジア地域初の「Transparency Center」を設置 - Kaspersky
トレンド、SaaS型のメールセキュリティサービス - URLのサンドボックス解析に対応
関連企業やSCのセキュリティ対策状況を可視化するサービス - NRIセキュア
コンテナイメージのリスクを可視化する製品 - トレンド
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - アプリ異常動作を検知
カードゲーム「セキュ狼」がスマホアプリに - JNSAと学生が共同開発
ネット上の脅威リスク評価機能を追加 - NRIセキュア