Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2018年2QのDDoS攻撃が3割減 - 一方で「UDPフラッド」など増加

2018年第2四半期は、ネットワーク帯域を枯渇させる「UDPフラッド」や「アンプ攻撃」などのDDoS攻撃が増加した。一方、「SYNフラッド攻撃」が縮小している。

20181023_cn_001.jpg
DDoS攻撃の割合(グラフ:CDNetworks)

CDNetworksが、国内外における同社DDoS防御対策サービスの利用者において、2018年第2四半期に対応したDDoS攻撃の動向を取りまとめたもの。

同四半期に同社が観測したDDoS攻撃は255件。前四半期の362件から29.6%減となった。攻撃の内容を見ると、「UDPフラッド」が31%にのぼる。「ICMPフラッド(21%)」「アンプ攻撃(19%)」が続いた。

「UDPフラッド」は、2017年第4四半期の192件から2018年第1四半期には70件へと大きく改善が見られた。しかし、今回約2.4倍となる167件へ再び増加している。またアンプ攻撃も前四半期の54件から今回101件へと拡大した。

一方改善が見られたのが「SYNフラッド攻撃」。前四半期に208件と多数確認されたが、同四半期は88件へと半数以下の水準に落ち着いた。全体に占める割合も17%へと縮小している。同社によれば、「Mirai」や「WireX」といったマルウェアの活動減少が背景にあるという。

(Security NEXT - 2018/10/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

中学校で生徒の個人情報含む資料が所在不明 - 尾道市
再エネ事業者への出力制御指示メールが迷惑判定で未達に - 九電
個人情報を不正取得、住民に押しかけた職員を懲戒免職 - 高崎市
開発途中の情報サイトが閲覧可能に、個人情報も - 滋賀県
NZ銃乱射事件に便乗するマルウェア拡散やフィッシング詐欺に注意を
CMSの「Joomla」に複数脆弱性、アップデートがリリース
レンサバWAFの攻撃検知状況、半数超が「SQLインジェクション」
標的型攻撃が「Slack」や「GitHub」を悪用 - コード入手やコマンド実行の通知手段に
2018年はDDoS攻撃26%増、「じゅうたん爆撃DDoS攻撃」など巧妙化
データベース不要のオープンソースCMSに複数のXSS脆弱性