Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネオジャパンのウェブメール「Denbun」に8件の脆弱性

ネオジャパンのウェブメール「Denbun」に複数の脆弱性が含まれていることが明らかとなった。アップデートがリリースされている。

同製品の「POP版」「IMAP版」にあわせて8件の脆弱性が含まれていることが明らかとなったもの。

任意のコードを実行されるおそれがあるバッファオーバーフローの脆弱性「CVE-2018-0683」「CVE-2018-0684」をはじめ、セッション不備「CVE-2018-0682」、認証情報のハードコード「CVE-2018-0680」「CVE-2018-0681」が存在。いずれもリモートより悪用されるおそれがある。

またログインしているユーザーにより悪用可能な「SQLインジェクション」の脆弱性「CVE-2018-0685」や、任意のファイルがアップロード可能となる「CVE-2018-0686」、クロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性「CVE-2018-0687」が含まれる。

「CVE-2018-0686」を除く7件の脆弱性に関しては、アップデート「同V3.3P R5.0」「同V3.3I R5.0」で修正。「CVE-2018-0686」に関しては、アップロードされたファイルの実行を制限するといった緩和策を実施するよう呼びかけられている。

(Security NEXT - 2018/10/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

macOSにアップデート - iOS脆弱性の修正とあわせて公開
「iOS 13.5.1」など公開 - 脱獄可能となる脆弱性を修正
Firefox 77、重要度「高」5件含む脆弱性8件を修正
サイボウズの複数Androidアプリに脆弱性 - 修正版がリリース
Mozilla、「Firefox for iOS 26」で脆弱性に対処
「VMware」複数製品に脆弱性 - 特にmacOS環境で注意を
最新「iOS」にゼロデイ脆弱性 - ジェイルブレイクツールが公開される
露APTグループがメールサーバに脆弱性攻撃 - 米政府が注意喚起
MTA「Exim」に対する攻撃が拡大 - 脆弱なサーバは360万台以上稼働か
Apple、iOSアップデートの脆弱性修正内容を公開