Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネオジャパンのウェブメール「Denbun」に8件の脆弱性

ネオジャパンのウェブメール「Denbun」に複数の脆弱性が含まれていることが明らかとなった。アップデートがリリースされている。

同製品の「POP版」「IMAP版」にあわせて8件の脆弱性が含まれていることが明らかとなったもの。

任意のコードを実行されるおそれがあるバッファオーバーフローの脆弱性「CVE-2018-0683」「CVE-2018-0684」をはじめ、セッション不備「CVE-2018-0682」、認証情報のハードコード「CVE-2018-0680」「CVE-2018-0681」が存在。いずれもリモートより悪用されるおそれがある。

またログインしているユーザーにより悪用可能な「SQLインジェクション」の脆弱性「CVE-2018-0685」や、任意のファイルがアップロード可能となる「CVE-2018-0686」、クロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性「CVE-2018-0687」が含まれる。

「CVE-2018-0686」を除く7件の脆弱性に関しては、アップデート「同V3.3P R5.0」「同V3.3I R5.0」で修正。「CVE-2018-0686」に関しては、アップロードされたファイルの実行を制限するといった緩和策を実施するよう呼びかけられている。

(Security NEXT - 2018/10/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Visual Studio Code」に権限昇格の脆弱性 - 修正を実施
「BIND 9.14」にサービス拒否など複数脆弱性
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 脆弱性68件を修正
「Java SE」の最新版がリリース - 脆弱性20件に対処
Oracle、定例アップデートで219件の脆弱性を修正
「Cisco Aironet」シリーズに複数の脆弱性 - 設定変更やDoSのおそれ
VMwareの「Harbor Container Registry for PCF」に深刻な脆弱性
WP向けグラフ作成プラグインにSQLiなど複数脆弱性
「sudo」に権限設定バイパスのおそれ - rootでコマンド実行可能に
Adobe、「AEM」「Download Manager」に脆弱性 - 定例外パッチ公開