Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2018年2Qの不正送金被害は2.4億円 - 法人個人いずれも増加

2018年第2四半期のオンラインバンキングにおける不正送金被害額は2億4100万円だった。法人被害額は5倍、個人は1.4倍に増加した。

全国銀行協会が、会員192行におけるオンラインバンキングの不正送金被害の状況について調査を実施し、結果を取りまとめたもの。預金者本人以外が不正に送金し、振込先から金銭が引き出され、被害者へ返還できなかったケースについて集計している。

2018年第2四半期の不正送金被害件数は101件。被害額は2億4100万円だった。法人では被害件数が前四半期の1件から4件に増加。被害額も前四半期の200万円から1000万円と増加した。

一方、個人では被害件数が97件で、前四半期の65件から増加。被害額も2期連続で増加しており、前四半期の1億6600万円を上回る2億3100万円だった。

補償状況を見ると、金融機関が対応方針を決定した35件のうち、すべてが補償対象となっている。

(Security NEXT - 2018/09/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシング攻撃減少するも高水準 - 半数超が「偽Amazon」
10月は「Emotet」が急増 - 3カ月間の休止経て
ネットバンクの不正送金、9月に急増 - 2要素認証も突破か
インシデント調査の26%がランサム被害 - 詳細調査で3割強よりAPT痕跡
上半期の不正アクセス検挙182件 - 関係者の犯行が最多
2019年2Qの不正送金被害が半減 - ただし法人では増加
2019年1Qは不正送金被害が急増 - 被害額が約7倍に
不正モバイルアプリ、1Qは減少 - ただし不正送金アプリは増加傾向
2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き
Androidマルウェア、検知数が 前年比約1.7倍に - 新種ランサムは9分の1