Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

小学校で児童名簿が飛散、水泳指導時に突風で - 大阪市

大阪市は、小学校の水泳指導中に児童名簿が突風で飛ばされ、紛失したことを公表した。

同市によれば、8月31日に屋上のプールで水泳指導をしていた際、突風により児童名簿1枚がバインダーから外れ、プールの外へ飛ばされたもの。問題の名簿には、児童22人の氏名が記載されていた。

その後付近を捜索したが見つからず、複数の教職員であらためて一斉捜索を行ったが発見されていない。同校では対象となる児童の自宅を訪問して、説明と謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2018/09/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

家計調査の調査票の誤配布と紛失が発生 - 香川県
テレワーク目的で個人情報保存したUSBメモリを紛失 - 大阪府立高校
小学校で課題投函の移動中に名簿を紛失 - 西宮市
患者情報含む私物USBメモリが所在不明 - 広島市
委託先で取引情報含むHDD2台が所在不明 - 三井住友銀
個人情報を一般ゴミで廃棄、路上散乱 - 大阪府立高校
「高校生活支援カード」を紛失、誤廃棄か - 大阪府
体操服の刺繍に利用した生徒名簿が所在不明 - 岐阜県
個人情報関連の事務処理ミスを公表 - さいたま市
教員が個人情報紛失、名古屋市教委へ届き10カ月後に回収 - 大阪市