Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

小学校で児童名簿が飛散、水泳指導時に突風で - 大阪市

大阪市は、小学校の水泳指導中に児童名簿が突風で飛ばされ、紛失したことを公表した。

同市によれば、8月31日に屋上のプールで水泳指導をしていた際、突風により児童名簿1枚がバインダーから外れ、プールの外へ飛ばされたもの。問題の名簿には、児童22人の氏名が記載されていた。

その後付近を捜索したが見つからず、複数の教職員であらためて一斉捜索を行ったが発見されていない。同校では対象となる児童の自宅を訪問して、説明と謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2018/09/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報含む資料を車の上に置いて走行中に紛失 - 大丸
児童の個人情報含むCD-ROMを紛失、判明は11月 - 大阪府
新薬の安全性定期報告書が所在不明 - 医薬品医療機器総合機構
USBメモリを紛失、農業団体の名簿など含む可能性 - 川崎市
顧客情報記載の予約伝票を紛失 - タワーレコード
印影など含む口座振替依頼書を紛失 - 高島屋京都店
患者情報含むUSBメモリ3本が所在不明 - 大阪市大付属病院
顧客情報含む資料を検針員が紛失 - 中部電力
2支店で納付書控え1.8万件が所在不明 - 鹿児島興業信組
教員採用試験の問題案含むUSBメモリを紛失 - 埼玉県