Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイバーリスク管理SaaSサービス「Tenable.io」を国内展開 - ネットワールド

ネットワールドは、米Tenableの「Tenable Assureパートナープログラム」においてディストリビューター契約を締結し、「Tenable.io」と「SecurityCenter」の取り扱いを開始した。

「Tenable.io」は、パブリッククラウドやIoT、ウェブアプリケーションなど、サイバー攻撃の対象となるIT資産におけるリスク管理を支援するSaaS型のクラウドサービス。リスクの解析や優先順位付け、ビジネスへの影響について関連付けを行うことが可能。

また同サービスの利用者には、情報収集するスキャナーとして「Nessus Network Monitor」「Nessus Agent」「Passive Vulnerability Scanner」を無償で利用できる。またオンプレミス版として「SecurityCenter」を用意した。

(Security NEXT - 2018/08/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マルウェア感染や不正利用など「RPA」のリスク管理支援ツール
スマートファクトリーのセキュリティ対策評価フレームワークを開発 - KPMG
NEC、自社の脆弱性管理ノウハウを活用したクラウドサービスなど提供
日立シス、リスク評価やセキュリティレベルを保つサービスを開始
日本HP、「セキュリティコンサルティング」サービスを強化
BSIとCSA、クラウドサービスのセキュリティ認証制度をスタート
ピーエスシー、ウェブアプリの脆弱性診断サービスを提供
企業の効率的なリスク管理を支援する「RSA Archer eGRC Platform」
マカフィー、セキュリティ製品の導入効果も分析できるリスク管理製品最新版
「SQLインジェクション」などの検査に対応した脆弱性検査製品 - マカフィー