Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「児童ポルノ」の削除要請、94%が削除 - 「リベンジポルノ」は79%

セーファーインターネット協会(SIA)は、2017年におけるインターネット上の違法、有害情報に関する削除要請の結果を公開した。削除の要請件数は1万8850件で、削除率は87%だった。「リベンジポルノ」では、ひとりの相談者につき、削除依頼が数百件超に及ぶケースも複数あったという。

同協会では、民間の自主的な取り組みである「セーフライン」と、警察庁からの受託事業である「インターネット・ホットラインセンター」を運営。両ホットラインにおける2017年の活動状況を取りまとめた。

両ホットラインを通じて把握した違法情報は4万3647件で、有害情報は1453件だった。内訳は「わいせつ」「児童ポルノ」がいずれも29%で、「リベンジポルノ」が9%だった。

2017年にサイト運営者やプロバイダに削除要請を行った違法、有害情報は1万8850件。そのうち87%が削除された。種類別に削除率を見ると、「児童ポルノ」が94%、「わいせつ」は93%と9割を超えている。

一方、「リベンジポルノ」の相談者数は150人で、前年の105人から1.5倍に増加した。削除率は79%にとどまり、前年の91%から12ポイント低下した。ひとりの相談者で削除の依頼が数百件を超えるケースも複数あり、削除率が7割程度にとどまったことが影響したという。

(Security NEXT - 2018/08/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

LINE、捜査機関開示要請の76%に対応 - 不正アクセス関連は1%
子どもの4人に1人がSNSでトラブル - 不正ログインや架空請求も
「リベンジポルノ」削除依頼の8割が削除へ - 拡散前に早期相談を
「児童ポルノ」は要請の9割、「リベンジポルノ」は7割が削除に - SIA
セーファーインターネット協会、有害情報の排除事業をスタート
2013年第1四半期のAndroidマルウェアが20万件超える - 前年同期の17倍
サイトの構造から有害サイトを検出する技術を開発 - KDDI研究所
2009年上半期の違法・有害情報の通報は6万2462件 - 警察庁まとめ
身に覚えのないサイトが勝手に表示されたら要注意 - IPA
有害情報配信IPは前月比1.5倍となる12億 - トレンドマイクロ調査