Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Intelチップに脆弱性「Foreshadow」 - クラウドVM間で情報漏洩のおそれも

Intelの主要プロセッサに、投機的実行においてサイドチャネル攻撃が可能となるあらたな脆弱性「L1 Terminal Fault(L1TF)」が明らかとなった。脆弱性が悪用されるとクラウドのVM間で情報漏洩が生じるおそれもある。

20180815_fo_001.jpg
「Foreshadow」のロゴ

「L1TF」は、「Meltdown」や「Spectre」と同様の投機的実行におけるサイドチャネル攻撃が可能となる脆弱性。

1月8日に報告され、その後協調的に対応が進められてきた。Intelによると、8月14日の時点で悪用は確認されていないという。

「Intel Software Guard Extensions(Intel SGX)」をサポートする一部プロセッサが影響を受けるもので、コア内にある「L1データキャッシュ」よりデータが漏洩するおそれがある。

脆弱性を報告した研究者は、同脆弱性を「Foreshadow」と命名。作家が文学作品で、後半のストーリーを暗示する「伏線(foreshadowing)」を張りつつも、オチを明らかにしないことになぞり、プロセッサでは機密情報が保護される一方で、将来的に実行される内容をヒントに再構築できることから「Foreshadow」と名付けたとしている。

(Security NEXT - 2018/08/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS月例パッチが公開、脆弱性35件を修正 - 一部ですでに悪用も
「ColdFusion 2018」に権限昇格の脆弱性
「Windows」ゼロデイ脆弱性、「Chrome」狙う水飲み場攻撃で悪用
「Adobe Acrobat/Reader」に複数の深刻な脆弱性 - 更新リリース
ブラウザ「Kinza」にXSS脆弱性 - 更新がリリース
OpenSSLに重要度「低」の脆弱性 - 更新用意なし
一部MSアプリで「OAuth」設定に不備 - アカウント奪取のおそれ
「Firefox 71」が登場、脆弱性11件を修正
資産管理製品「LanScope」に権限昇格の脆弱性
パッチ公開翌日から「PHP-FPM」への攻撃を観測 - PHP環境の情報収集も