Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

関税強化で対立する米中、サイバー諜報活動に大きな変化は見られず

米国の中国に対する制裁関税をきっかけに、両国間における通商上の緊張が高まっているが、サイバー空間に影響は及んでいないようだ。米FireEyeでCEOを務めるKevin Mandia氏が明らかにした。

20180801_fe_002.jpg
Kevin Mandia氏

米国では、7月に中国からの輸入品818品目に対して関税を課し、さらなる措置として6000品目以上に対する追加関税を検討。一方中国も、報復措置を講じるなど両国間における争いが過熱している。

米国は、関税に踏み切ったと理由として、中国による「知的財産権の侵害」を挙げている。「知的財産」といえば、これまでサイバー空間においても、テクノロジー関連企業を標的としたスパイ活動がたびたび報告され、人民解放軍や政府より支援を受けた組織の関与が疑われている。

300人以上のインシデント調査の担当者を有するFireEyeでは、2017年に600件超、20万時間以上の調査を実施しており、取得したエビデンスをもとに攻撃元の特定を進めているが、Mandia氏は、中国との関連が疑われるグループは、同社が把握しただけで72に及んでいると指摘する。

(Security NEXT - 2018/08/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「BEC」に見えた内通者の影 - なりすまされる「リスク」も
「SQL Server」の認証試行が10月より急増
SECCON 2019、国内チームが優勝 - クラウド化など運用環境も進化
標的型攻撃相談、2019年度上半期は221件 - 80件でレスキュー支援
2019年上半期の攻撃、前期の3倍以上に - F-Secureまとめ
5月末にトネリングによる「RDP」接続が急増
「Android セキュアコーディングガイド」に中国語版 - JSSEC
「SQLインジェクション」を多数観測 - CMSのDB狙う攻撃も
中国関与の攻撃グループ「APT10」の活動を非難 - 外務省談話
セキュリティソリューションへの支出、世界で年間1000億ドル超に