Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

人工呼吸器管理用タブレットが所在不明 - 岸和田市民病院

市立岸和田市民病院は、患者情報を含む医療機器管理用のタブレット端末が所在不明になっていることを明らかにした。

同院によれば、人工呼吸器を管理するためのタブレット端末が、7月9日より所在不明となっているという。

問題の端末には、7月6日時点における入院患者325人分や、2017年10月20日以降における人工呼吸器の装着患者165人分の情報を保存。氏名や生年月日、身長、体重、病名、主治医と診療科などが含まれる。

心当たりを探索したが発見されず、同院では、対象となる患者に対して、事情を説明し、謝罪する文書を送付した。

紛失した端末内のデータは暗号化されており、アクセスするには担当者のIDとパスワードの入力が必要だと同院では説明。端末内のデータについては1週間で自動削除されるしくみで、データの更新がなければ、7月13日14時前には削除されているとしている。

(Security NEXT - 2018/07/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報619件含むノートパソコンを紛失 - TBM
個人情報含むPCを電車に置き忘れ、届けられ回収 - 朝日新聞
幼稚園で緊急連絡カードを一時紛失 - 嵐山町
個人情報含む私物USBメモリ紛失で中学教諭を懲戒処分 - さいたま市教委
介護認定申請書類が所在不明、誤廃棄か - 習志野市
設備調査業務の委託先が顧客情報を紛失 - 中電
新卒学生の個人情報含むPCを紛失 - ロイヤルHD
関係者や一般人の画像データ含むカメラを紛失 - 大阪府
高校の修学旅行先で個人情報を紛失 - 横浜市
個人情報含む統計調査関係書類を紛失 - つくば市