Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正送金マルウェア「Ursnif」の検出が急増 - コインマイナーは大幅減

情報処理推進機構(IPA)は、2018年第2四半期のウイルスや不正プログラムの届出状況を取りまとめた。仮想通貨を発掘目的とした不正プログラムは大きく減少する一方、情報を窃取する「Ursnif」が急増している。

同機構によれば、同四半期のウイルス検出数は1945件。前四半期の1770件から増加した。もっとも多く検出されたのは「W32/Bagle」で871件。「W32/Mydoom(409件)」「Autorun(252件)」が続いた。

同一の届出者のもとで、同種のウイルスが同日中に複数検出された場合に1件とカウントする「届出件数」は310件。前四半期の294件から増加。感染被害の報告は、同四半期を含め、5期連続で寄せられていないという。

20180727_ip_002.jpg
「ウイルス」の検出動向(グラフ:IPA)

(Security NEXT - 2018/07/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

定義ファイル非依存の標的型攻撃対策製品市場、前年比29.9%増 - 今後も高成長との予測
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
2018年3Q、不正プログラム検出数が前期比約6分の1に - ウイルスも半減
広告関連のPUAやマルウェアで検出全体の7割弱 - ESET
J-CSIP、3Qに標的型攻撃情報39件を共有 - 8月上旬に「iqyファイル」大量ばらまきも
2018年2QのDDoS攻撃が3割減 - 一方で「UDPフラッド」など増加
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
2018年2Q、TCP 80番ポート宛てのパケットが増加 - 「Mirai」影響で
警察庁把握の標的型攻撃メール、前期から半減するも高水準 - 「Excelファイル」が約半数
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発