Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

長野県立歴史館のサイトが改ざん - 第三者が画像や文言を追加

長野県は、長野県立歴史館のウェブサイトで改ざんが確認されたとして、7月15日から同館サイトを一時閉鎖している。

同館サイトのトップページから企画展のページへ誘導する部分や、企画展のページにおいて、第三者により画像が置き換えられたほか、文言が追加されたもの。7月15日18時前より不正アクセスが行われ、20時前ごろ改ざんされたという。同サイトの保守を担当する管理事業者が7月14日に改ざんを発見した。

同県では、翌15日午前中にウェブサイトを停止。調査を行っているが、詳しい原因は、7月26日の時点でわかっておらず、同サイトの管理に用いるパスワードの流出やCMSの脆弱性などの可能性を踏まえ、復旧を進めている。

また改ざんされたページを閲覧したことにより、外部サイトへ誘導されたり、マルウェアへ感染するおそれはなかったと説明。また同サイトで個人情報は保存していないとしている。

(Security NEXT - 2018/07/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

静岡鉄道のサイトが一時改ざん - 不正サイト誘導のおそれ
産業機器通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
委託業務の電話勧誘で録音改ざん、管理者指示で - りらいあ
ファッション通販サイトへの不正アクセス、流出件数修正
サイトが改ざん被害、外部サイトへ誘導 - ロボット開発会社
「お名前.com」管理ツールに脆弱性、顧客2件で不正アクセス
コインチェックのドメイン管理に不正アクセス - 改ざんで顧客メール窃取か
コインチェック、情報流出懸念の対象件数を修正 - 送金サービスを再開
ビットバンクでもドメイン情報改ざん - 取引所とは別ドメイン
露APTグループがメールサーバに脆弱性攻撃 - 米政府が注意喚起