Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフォス、個人向けに「Sophos Home日本語版」を無償提供 - WindowsとMac対応

ソフォスは、コンシューマー向けセキュリティ対策ソフト「Sophos Home」日本語版の無償提供を開始した。Windows版、Mac版が用意されている。

同製品は、マルウェアや業務上不要なアプリケーションなどをブロックするコンシューマー向けのセキュリティ対策ソフト。振る舞い検知機能なども搭載している。マルウェア対策のほか、悪意あるウェブサイトへのアクセスを遮断する機能やペアレンタルコントロール、ウェブベースの管理コンソールを提供する。

また、有償版の上位製品「Sophos Home Premium」も用意。無償版のセキュリティ機能にくわえ、暗号化を防ぐランサムウェア対策、カメラやマイクに対する不正アクセスの監視、Windows版ではキー入力情報の窃取を防ぐオンラインバンキング保護などの機能を搭載している。1年間のサブスクリプション価格は5500円。

(Security NEXT - 2018/07/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アンラボ、スマートデバイス向けに情報保護アプリ
学生の個人情報含むPCが海外で盗難被害 - 長岡技術科学大
「Windows 7」「WS 2008」向けに移行支援策 - 月額モデルやデータアップロード支援など
ランサムウェア「PyLocky」の無料復号ツールが公開 - ただし条件あり
前四半期からインシデント件数が3割増 - 「スキャン」や「フィッシング」など
メールセキュリティ製品「Cisco ESA」に深刻な脆弱性 - 悪用は未確認
マイナンバー再委託問題でPマーク認定事業者に注意喚起 - JIPDEC
「Windows 7」「WS 2008」脆弱性の約3割が「危険」レベル - 「Office 2010」は8割超
1月のMS月例パッチ、ファイルサーバ適用時に不具合
Oracle、四半期定例パッチで脆弱性284件を修正