Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフォス、個人向けに「Sophos Home日本語版」を無償提供 - WindowsとMac対応

ソフォスは、コンシューマー向けセキュリティ対策ソフト「Sophos Home」日本語版の無償提供を開始した。Windows版、Mac版が用意されている。

同製品は、マルウェアや業務上不要なアプリケーションなどをブロックするコンシューマー向けのセキュリティ対策ソフト。振る舞い検知機能なども搭載している。マルウェア対策のほか、悪意あるウェブサイトへのアクセスを遮断する機能やペアレンタルコントロール、ウェブベースの管理コンソールを提供する。

また、有償版の上位製品「Sophos Home Premium」も用意。無償版のセキュリティ機能にくわえ、暗号化を防ぐランサムウェア対策、カメラやマイクに対する不正アクセスの監視、Windows版ではキー入力情報の窃取を防ぐオンラインバンキング保護などの機能を搭載している。1年間のサブスクリプション価格は5500円。

(Security NEXT - 2018/07/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

山手線車内で生徒情報など鞄ごと紛失、盗難か - 筑波大付属高
初心者向けに脆弱性対策セミナーを開催 - IPA
知人からのメール装い感染狙うランサムウェア「Mailto」に注意
「Emotet」に近接「Wi-Fi」経由で感染を拡大する機能
「IBM ServeRAID Manager」にRCE脆弱性 - サポートはすでに終了
駐輪場で個人情報含む書類を紛失 - 大阪市
不正アクセスでスパムの踏み台に - 山梨県の文化施設
不正アクセスでスパム送信、情報流出のおそれも - 長岡技科大
「情報セキュリティ文化賞」受賞者6名を発表 - 情セ大
2019年の攻撃パケット、約半数がIoTを標的に - 調査目的も増加