Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、Mac向けにセキュリティアップデート - 「Safari」最新版も

Appleは、Mac向けにセキュリティアップデート「macOS High Sierra 10.13.6」「Security Update 2018-004 Sierra」「Security Update 2018-004 El Capitan」をリリースした。

20180710_ap_002.jpg
セキュリティアップデートをリリースしたApple

今回のアップデートは、CVEベースであわせて11件の脆弱性へ対処したもの。カーネルにおける脆弱性「CVE-2018-3665」や、「CoreCrypto」における「CVE-2018-4269」、「AMD」に関する「CVE-2018-4289」などへ対処。そのほか、「APFS」「ATS」「CFNetwork」「libxpc」などに関する脆弱性を修正した。

また同社は「Safari」および「WebKit」に関する脆弱性に対応した「Safari 11.1.2」をあわせてリリースし、16件の脆弱性を解消している。

今回修正した脆弱性は以下のとおり。

CVE-2018-4289
CVE-2018-4268
CVE-2018-4285
CVE-2018-4293
CVE-2018-4269
CVE-2018-4178
CVE-2018-4283
CVE-2018-3665
CVE-2018-4280
CVE-2018-4248
CVE-2018-4277
CVE-2018-4279
CVE-2018-4270
CVE-2018-4278
CVE-2018-4284
CVE-2018-4266
CVE-2018-4261
CVE-2018-4262
CVE-2018-4263
CVE-2018-4264
CVE-2018-4265
CVE-2018-4267
CVE-2018-4272
CVE-2018-4271
CVE-2018-4273
CVE-2018-4274
CVE-2018-4260

(Security NEXT - 2018/07/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

農業求人サイトに不正アクセス、情報流出の可能性 - スパムや不審郵便物届く
ESETの法人向けエンドポイント製品に新版 - 「UEFIスキャナー」搭載
監視やインシデント対応の自動化支援サービス - NRIセキュア
メルマガ本文に送信先メアドを誤記載 - 福岡県中小企業振興センター
ソフトバンク携帯電話、4時間半にわたり障害 - 原因は証明書の期限切れ
ウェブフィルタリング製品「i-FILTER」に複数脆弱性
PHPがセキュリティアップデート - 5.6系と7.0系がサポート終了へ
「割引」で誘引、ふるさと納税の偽サイトに注意 - 公式サイトよりデータ盗用
Flashゼロデイ攻撃、露医療機関文書に偽装 - 伊Hacking Teamと手法類似
ソフトクリエイト、ID管理ツール「LDAP Manager」をクラウド展開