Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、Mac向けにセキュリティアップデート - 「Safari」最新版も

Appleは、Mac向けにセキュリティアップデート「macOS High Sierra 10.13.6」「Security Update 2018-004 Sierra」「Security Update 2018-004 El Capitan」をリリースした。

20180710_ap_002.jpg
セキュリティアップデートをリリースしたApple

今回のアップデートは、CVEベースであわせて11件の脆弱性へ対処したもの。カーネルにおける脆弱性「CVE-2018-3665」や、「CoreCrypto」における「CVE-2018-4269」、「AMD」に関する「CVE-2018-4289」などへ対処。そのほか、「APFS」「ATS」「CFNetwork」「libxpc」などに関する脆弱性を修正した。

また同社は「Safari」および「WebKit」に関する脆弱性に対応した「Safari 11.1.2」をあわせてリリースし、16件の脆弱性を解消している。

今回修正した脆弱性は以下のとおり。

CVE-2018-4289
CVE-2018-4268
CVE-2018-4285
CVE-2018-4293
CVE-2018-4269
CVE-2018-4178
CVE-2018-4283
CVE-2018-3665
CVE-2018-4280
CVE-2018-4248
CVE-2018-4277
CVE-2018-4279
CVE-2018-4270
CVE-2018-4278
CVE-2018-4284
CVE-2018-4266
CVE-2018-4261
CVE-2018-4262
CVE-2018-4263
CVE-2018-4264
CVE-2018-4265
CVE-2018-4267
CVE-2018-4272
CVE-2018-4271
CVE-2018-4273
CVE-2018-4274
CVE-2018-4260

(Security NEXT - 2018/07/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

居住者情報の記載資料が所在不明に - 仙台市の郵便局
中小金融機関のセキュリティ対策底上げが課題 - 金融庁
インフォセックとBureau Veritas、海事産業分野のセキュ事業で提携
施設指定管理者がメルアドリスト持出、リスト宛に誤送信 - 横浜市
F5の「BIG-IP」シリーズに深刻な脆弱性 - リモートよりコード実行のおそれ
牡蠣の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
2021年1月に「JSAC2021」開催、初の2トラック制 - CFPを開始
DV被害者住所をミスで加害者へ漏洩 - 三鷹市
静岡鉄道のサイトが一時改ざん - 不正サイト誘導のおそれ
「Samba」に4件の脆弱性 - アップデートがリリース