Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Thrip」が衛星通信や防衛産業を標的に - 中国国内の端末から操作

米国や東南アジアの企業などを標的にスパイ活動を行う攻撃グループ「Thrip」のあらたな活動が確認された。

攻撃を観測したシマンテックによれば、少なくとも2013年から活動を展開している攻撃グループ「Thrip」による諜報活動が、米国と東南アジアで通信や地理空間画像処理、防衛などの企業を標的に展開されていることを把握したという。

同社では、2018年1月に大手通信会社に対する攻撃を検知。さらなる調査でより広範囲に攻撃が展開されていることが判明した。攻撃の実行には、中国国内の端末3台が利用されていたという。

衛星通信事業者を標的にした攻撃では、人工衛星を監視、制御するソフトウェアが稼働している端末に侵入を試みており、情報収集だけでなく、事業の妨害を目的としていた可能性もあると同社では分析する。

(Security NEXT - 2018/07/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

中小金融機関のセキュリティ対策底上げが課題 - 金融庁
顧客情報が電車内で盗難被害 - 日神グループHD
海外グループ会社メルアカに不正アクセス - 古野電気
カスペ、社内用マルウェア解析ツールを製品化 - APTとの関連性をレポート
「エポスカード」のフィッシング - 無関係の他社URL記載するミス
顧客向けメールで「CC」利用するミス - ネクスト・モビリティ
露APTグループがメールサーバに脆弱性攻撃 - 米政府が注意喚起
不正アクセスで個人情報流出か - 経団連事業サービス
危機対応を分野横断的に支援するサービス - デロイトトーマツ
イベント案内メール誤送信で顧客のメアド流出 - 調味料販売会社