Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Firefoxとセキュリティ専門家がタッグ、アカウント漏洩チェックツールを開発中

Firefoxの開発チームは、セキュリティ専門家のTroy Hunt氏と協力し、アカウント情報の流出状況を確認できるプライバシーにも配慮したモニターツールの開発を進めている。

ツールの提供にあたり、アカウント情報の流出について調査を行っている同氏と提携したもの。同氏は、「HaveIBeenPwned.com(HIBP)」を運営。同サイトでは、メールアドレスを入力することで、同サイトの保有する流出リストに自身のアカウントが含まれていないか確認できる。

同サイトでは、これまでもAPIを用意しているが、より緊密に連携を進めており、今後数週間で追加機能として新ツール「Firefox Monitor」をリリースしたい考えだ。

同ツールの提供にあたっては、利用者がMozilla外の第三者にメールアドレスを送信することはなく、データの有無を確認できるよう、匿名状態でデータ共有するしくみを用意したという。今後、米国を中心に25万人規模のテストを実施し、リリースの予定が決まったところでアナウンスを行う予定。

(Security NEXT - 2018/06/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年のフィッシング報告は前年から減少 - 誘導先URLは1.7倍に
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
アカウント情報の闇相場、「銀行口座」など高値 - 攻撃者はPWリスト攻撃目的で入手か
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
445番ポートへのパケットを継続して観測、「WannaCrypt」の影響収束せず
目立つ「HeartBleed」関連インシデント - ラック報告
「Apache Struts 2」関連のインシデント検知が増加 - ラック
利用者向けフィッシング対策ガイドラインが改訂 - メール中のリンクに注意を
5月のフィッシング報告数は386件 - 大半は「アカウントの不正利用」で不安煽る
2016年は15万台以上でモバイルランサム検知 - 前年の1.6倍