Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

小学校11校で指導要録や健康診断票を紛失、調査で判明 - 大阪市

大阪市は、市内の小中学校を対象に調査を実施したところ、市立小学校11校で指導要録の写しや児童の健康診断票などを紛失していることが判明したと発表した。

同市によれば、小学校11校において、転校時に転出校から送付された指導要録の写しや児童健康診断票が所在不明となっているという。

健康診断票のみ紛失したケースが8人分、健康診断票と指導要録の写しそれぞれを紛失したケースが6人分で、あわせて14人分。指導要録には児童と保護者の氏名、住所、転学学校名、学習や行動の記録などを記載。健康診断票には、氏名と健康診断の結果が含まれる。

同市では、5月に小学校において指導要録の写しや健康診断票を紛失していることが判明。小中学校を対象に保管状況を調査していた。対象となる児童の保護者には、各校が説明と謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2018/06/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校で指導要録が所在不明、ロッカーが未施錠 - 神奈川県
高校生徒の個人情報含む記録簿を紛失 - 大阪府
卒業生の個人情報含む名簿を紛失 - 同志社大学政法会
名簿など保育園情報含むUSBメモリが所在不明 - 瀬戸内市
2支店で伝票約1万4000件を紛失 - きのくに信金
特定健診受診推奨名簿が所在不明 - 五島市
医療センターの問診票が運搬中に飛散 - 春日部市
小学校児童の緊急連絡先を紛失 - 大阪市
県立高校で個人情報含む書類を紛失 - 埼玉県
アンケート用紙が運搬中に飛散、一部紛失 - 名古屋観光コンベンションビューロー