Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

閲覧禁止の人事情報にアクセス、危機管理課職員を処分 - 龍ケ崎市

茨城県龍ケ崎市は、庁内の情報システムにおいて人事情報などを閲覧、保存していた職員に対し、懲戒処分を行ったと発表した。

同市によれば、規則上閲覧が禁止されている他部署のデータを不正に閲覧、保存していたのは危機管理課の職員で、2017年12月18日から2018年5月30日までの約5カ月半にわたり、アクセスしていたという。

ネットワーク内においてフォルダの番号を直接指定してアクセスし、人事関連情報を含むデータを閲覧。自身の業務用パソコンや自宅のパソコンにコピーして保存していた。

情報管理課の職員が、庁内システムの閲覧状態について不審に思い確認を行ったところ、不正行為が発覚。不正に取得されたデータの外部流出は確認されないとしている。また取得されたデータに住民情報や税情報など、基幹系システムで管理する情報は含まれていなかった。

同市では6月20日付けで、同職員を停職1カ月の懲戒処分とした。また管理監督責任として、危機管理監、危機管理課長、課長補佐を訓告処分としている。

(Security NEXT - 2018/06/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小学校教員が個人情報写り込んだ画像をインスタ投稿 - 港区
産官学連携プラットフォームのメルマガで誤送信 - 大阪市
メール誤送信で居宅介護支援事業所のメアド流出 - 福岡市
案内メールを誤送信、顧客メアド3100件が流出 - スワンフローリスト
ドラマ「下町ロケット」エキストラのメアド流出 - TBS
「メール119システム」の登録者向けメールで誤送信
起業家発掘セミナー参加者宛のメールで誤送信 - 愛知県
オンラインゲーム「Identity V」、アンケートメールで送信ミス
ふるさと納税寄付者へのメールで誤送信 - 様似町
発電事業者や小売電気事業者のメアド流出 - 中電