Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

閲覧禁止の人事情報にアクセス、危機管理課職員を処分 - 龍ケ崎市

茨城県龍ケ崎市は、庁内の情報システムにおいて人事情報などを閲覧、保存していた職員に対し、懲戒処分を行ったと発表した。

同市によれば、規則上閲覧が禁止されている他部署のデータを不正に閲覧、保存していたのは危機管理課の職員で、2017年12月18日から2018年5月30日までの約5カ月半にわたり、アクセスしていたという。

ネットワーク内においてフォルダの番号を直接指定してアクセスし、人事関連情報を含むデータを閲覧。自身の業務用パソコンや自宅のパソコンにコピーして保存していた。

情報管理課の職員が、庁内システムの閲覧状態について不審に思い確認を行ったところ、不正行為が発覚。不正に取得されたデータの外部流出は確認されないとしている。また取得されたデータに住民情報や税情報など、基幹系システムで管理する情報は含まれていなかった。

同市では6月20日付けで、同職員を停職1カ月の懲戒処分とした。また管理監督責任として、危機管理監、危機管理課長、課長補佐を訓告処分としている。

(Security NEXT - 2018/06/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

動画視聴の案内メールを誤送信 - NSCAジャパン
メール誤送信でサービス利用者のメアド流出 - 学習塾
お知らせメール誤送信で患者のメアド流出 - 広島の産婦人科
区民活動センターでメール送信ミス - 横浜市
委託先が研修案内メール誤送信、メアド流出 - 東京観光財団
顧客向け案内メール誤送信 - サムライ・ロック・オーケストラ
誤送信で専門家派遣事業利用者8046人分のメアド流出 - 経産省
小学校の代表メールが乗っ取り、スパムの踏み台に - 取手市
造幣局の通販サイト、別の顧客情報を誤表示 - 保守時の作業ミスで
メールアドレス確認メールで誤送信 - 神戸市産業振興財団