Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「MUFGカード」装うフィッシング - 「持続する」ボタンに短縮URL

「MUFGカード」の利用者を狙ったフィッシング攻撃が確認された。複数の短縮URLを利用してフィッシングサイトへ誘導していた。

20180621_ap_001.jpg
誘導先のフィッシングサイト(画像:フィ対協)

攻撃に使われたフィッシングメールは、「三菱UFJダイレクト」といった件名で送信されているもので、本文では「アカウント情報の有効期限が切れました」などと説明。

HTMLメールには、「持続する」との不自然な言い回しを用いたボタンを設置。リンクには短縮URLを使用し、最終的にフィッシングサイトへ誘導。正規サイトを模したフィッシングサイトで、アカウント情報やクレジットカード情報などをだまし取ろうとしていた。

6月21日の時点で稼働が確認されており、フィッシング対策協議会では、JPCERTコーディネーションセンターに調査を依頼。類似した攻撃に注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/06/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Office 365」の管理者狙うフィッシング攻撃 - さらなる攻撃の起点に
ドコモを装うスミッシング - ID情報や銀行口座情報を多段階に詐取
「MyJCB」かたるフィッシング - カード口座が凍結されたとだまして誘導
DNSクエリで不正通信遮断するクラウドサービス - 教育実施も
「顧客満足度調査で1万円」とだますフィッシング - 三井住友銀を偽装
「2万円の払い戻し」などと誘う全日空のフィッシングに注意
「三菱UFJ銀」装う偽メールに注意 - 件名は10種類以上
BIGLOBE利用者狙うフィッシングに注意 - ログインページを偽装
パラチケ抽選の偽当選メールに注意 - 本物はリンク記載なし
三井住友銀装うフィッシングに注意 - 消費増税で「カードや通帳の停止」?