Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「MUFGカード」装うフィッシング - 「持続する」ボタンに短縮URL

「MUFGカード」の利用者を狙ったフィッシング攻撃が確認された。複数の短縮URLを利用してフィッシングサイトへ誘導していた。

20180621_ap_001.jpg
誘導先のフィッシングサイト(画像:フィ対協)

攻撃に使われたフィッシングメールは、「三菱UFJダイレクト」といった件名で送信されているもので、本文では「アカウント情報の有効期限が切れました」などと説明。

HTMLメールには、「持続する」との不自然な言い回しを用いたボタンを設置。リンクには短縮URLを使用し、最終的にフィッシングサイトへ誘導。正規サイトを模したフィッシングサイトで、アカウント情報やクレジットカード情報などをだまし取ろうとしていた。

6月21日の時点で稼働が確認されており、フィッシング対策協議会では、JPCERTコーディネーションセンターに調査を依頼。類似した攻撃に注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/06/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不在通知装う「スミッシング」、ますます悪質化
職員にフィッシング攻撃、個人情報流出の可能性 - NHK
偽メルカリに注意 - 4月23日の「振込申請ルール変更」に便乗
NZ銃乱射事件に便乗するマルウェア拡散やフィッシング詐欺に注意を
ゲームアイテムの購入明細を装うフィッシングに注意
「ゆうちょ銀」の偽サイトに注意 - 「合言葉」など詐取
「LINE」装う時間指定フィッシングが再発 - 攻撃者の始業時間が1時間早まる?
Visaカード発行事業者装うフィッシングに注意
アカウント情報狙う偽「PayPal」に注意 - 短縮URLを悪用
メールの添付ファイルやURLの開封環境を分離するソリューション - マクニカネット