Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス

ソフォスは、メールを用いた疑似的な攻撃により、従業員を訓練、啓発するサービス「Sophos Phish Threat 2.0」の提供を開始した。

同ソリューションは、フィッシング攻撃対策のトレーニングプロセスを自動化するトレーニングサービス。既知の手法や最新の攻撃事例などを元に訓練用のメールを作成し、従業員へ送信できる。

企業やユーザー単位でリスクやセキュリティ意識を可視化するレポートを提供。セキュリティ意識の低い従業員を視覚的に分析、識別できるとしている。

ばらまき型や標的型攻撃、ビジネスメール詐欺(BEC)など140種類以上の攻撃テンプレートのほか、30種類のトレーニングを9カ国語で用意。トレーニングのカスタマイズにも対応する。

(Security NEXT - 2018/05/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも
Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
MS、IoTやクラウドのセキュリティを強化 - 疑似攻撃による対応テスト機能も
東陽テクニカ、複数ソリューションの統合サービスを展開
米Akamai、悪意あるドメインへの接続防ぐソリューション
iOS版「ノートンモバイル」にPW管理機能 - iOSシェア高い日本向けに
ALSI、公衆無線LAN提供事業者向けのフィルタリングプラットフォーム
パロアルト、「PAN-OS 8.0」をリリース - サンドボックス回避攻撃へ対策