Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力

米時間5月14日の定例外アップデートで修正された「Adobe Acrobat」「Adobe Reader」のゼロデイ脆弱性が、マイクロソフトが5月の月例パッチで修正したゼロデイ脆弱性と併用されていたことが明らかになった。

20180516_es_001.jpg
悪用コードの一部(画像:ESET)

脆弱性を各社へ報告したESETによると、2018年3月末に未知の脆弱性を組み合わせて利用する悪質なPDFファイルのサンプルが公開されていることを発見、入手したという。

同ファイルについて調査を行ったところ、「Windows」における特権昇格の脆弱性「CVE-2018-8120」および「Adobe Acrobat/Reader」におけるメモリ二重解放の脆弱性「CVE-2018-4990」を組み合わせて悪用。コード実行と権限昇格を組み合わせることで高い攻撃力を実現していた。

具体的には、問題のファイルには「JavaScript」のコードが存在。細工された「JPEG 2000」の画像を読み込むことで「CVE-2018-4990」を悪用して二重解放を引き起こし、コードの実行を実現していた。

(Security NEXT - 2018/05/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

GDPR対応で「WordPress」がアップデート - プライバシー保護機能を強化
「OneDrive」「Skype」などMS製複数アプリに脆弱性 - 修正は次期バージョン以降
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - root権限取得のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」脆弱性、すでに悪用ファイルが流通 - PoC公開も
「VMware NSX SD-WAN」にコマンドインジェクションの脆弱性が判明
【続報】「Adobe Acrobat/Reader」の定例外パッチが公開 - 早期適用呼びかけ
開発フレームワーク「Electron」にコード実行の脆弱性
「Photoshop CC」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース