Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「MyEtherWallet」装うフィッシング攻撃に注意 - 複数URLで稼働

仮想通貨のウォレットである「MyEtherWallet(MEW)」の利用者を狙ったフィッシング攻撃が発生している。フィッシング対策協議会が注意喚起を行った。

20180515_ap_001.jpg
誘導先のフィッシングサイト(画像:フィ対協)

問題のフィッシングメールは、「MyEtherWalletサポートセンター」を名乗り、「安全確認」といった件名で送信されていた。

メールの本文では、アカウントチームが異常な操作を検出したなどと説明。アカウントを停止したなどとだまし、ブロックの解除に作業が必要であるかのように装い、偽サイトへ誘導して情報を詐取する。

すでにフィッシングサイトのURL4件が確認されているという。5月15日の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されており、同協議会では閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。類似した攻撃に注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/05/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
フィッシング報告数、前月同様に高水準 - URLは16%減
「認証番号」を聞かれた時どうする? 設定やシーンごとの対応策などLINEが解説
減少傾向続く新種マルウェア、1カ月あたり4000万件割り込む - 1年間で半数以下に
フィッシング報告数、前月比約2.3倍に - 悪用URLの増加は限定的
フィッシングサイトのURLが前月比約1.2倍に - 悪用されるブランドも増加
マルウェア亜種の減少傾向続く - マルウェアメールの割合は上昇
フィッシングサイトのドメイン登録を検知する技術を共同研究 - フィ対協と長崎県立大
精巧なネットバンクの偽アプリ、見た目で真偽の判断つかず
2017年はフィッシング攻撃数が大幅減 - マルウェアに移行か