Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「PowerDNS Authoritative Server」にRCEの脆弱性 - アップデートがリリース

オープンソースの権威DNSサーバである「PowerDNS Authoritative Server」に脆弱性が含まれていることがわかった。関係機関より注意喚起が行われている。

同サーバのデバッグツールである「dnsreplay」にスタックベースのバッファオーバーフロー「CVE-2018-1046」の脆弱性が含まれていることが判明したもの。重要度は「高(High)」。

同ツールにおいて「-ecs-stamp」オプションを有効にしている状態で、細工が施された「PCAPファイル」を処理すると、任意のコマンドが実行されたり、サービス拒否に陥るおそれがある。

今回の問題を受け、開発元のPowerDNS.COMでは、脆弱性へ対処した「同4.1.2」をリリース。また日本レジストリサービス(JPRS)などより注意喚起が行われている。

(Security NEXT - 2018/05/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

三菱電機の一部制御システム製品に「URGENT/11」の脆弱性
複数の脆弱性に対処した「PHP」のアップデートが公開
「Adobe Media Encoder」などに深刻な脆弱性 - 定例外で更新
NEC製の一部ルータにroot権限でコマンド実行されるおそれ
VMwareの「vRealize Operations for Horizon Adapter」に深刻な脆弱性
ABBの発電所向け資産管理製品に脆弱性
WPプラグイン「Easy Property Listings」にCSRF脆弱性
「Adobe Framemaker」に深刻な脆弱性 - 適用優先度は低設定
Lenovo製インフラ管理ソフトに情報漏洩のおそれ
ウェブアプリフレームワーク「Django」に深刻な脆弱性