Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2018年1Qの不正アクセス届出は11件、7件で被害 - 「不正ログイン」相談は52件

情報処理推進機構(IPA)は、2018年第1四半期における不正アクセスの届け出状況や、相談状況について取りまとめた。いずれも2017年第4四半期から改善している。

同機構が、2018年第1四半期における不正アクセスの届出状況や相談状況などを取りまとめたもの。

同四半期に届け出があった不正アクセスは11件。前四半期の13件から2件減少した。そのうち7件で被害が発生していたという。被害の内容を見ると、「なりすまし」が3件、「不正プログラムの埋め込み」が2件、「侵入」「DoS」がそれぞれ1件だった。

不正アクセスを受けた原因を見ると、「ID、パスワードの管理不備」が4件、「設定不備」が2件、1件については原因がわかっていない。

20180427_ip_003.jpg
不正アクセスの届出種別推移(表:IPA)

同四半期に同機構の「情報セキュリティ安心相談窓口」へ寄せられた相談件数は1863件で、前四半期から21.2%減となった。

「ウイルスを検出した」などと偽警告でユーザーの不安を煽り、電話をかけさせて製品の購入やサポート契約に誘導する「ウイルス検出の偽警告」に関する相談は163件で、前四半期から30%減と大幅に改善した。

「ワンクリック請求」に関する相談も、前四半期の35.9%減となる150件。そのうちスマートフォンに関する相談は49件で、前四半期の52件からわずかに減少した。

また、SNSやショッピングサイト、クラウドサービスなどにおいて、IDとパスワードを第三者に不正利用された「不正ログイン」に関する相談が52件寄せられている。前四半期から集計を開始したもので、前四半期の68件から減少した。

20180427_ip_004.jpg
不正ログインの相談状況(グラフ:IPA)

(Security NEXT - 2018/04/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「BEC」に見えた内通者の影 - なりすまされる「リスク」も
セキュ製品が期待通り機能せず、侵害発生後に判明 - 半数が経験
最新のセキュリティ対策製品を導入しても約5%がウイルス感染 - カスペルスキーが情報共有の重要性を指摘
不正アクセス禁止法違反による年間検挙は816件 - 前年比1.4倍
セキュリティ分野の「総務大臣奨励賞」が決定
ウェブへのコード挿入によるクレカ情報窃取、前年比5倍
2019年のマルウェア届出は259件 - 18件で被害
「Mirai」感染狙うIoT機器狙った11種類のアクセス - 12月より増加
2019年4Qの標的型攻撃メールは47件 - 情報提供の7割が「Emotet」
金融機関の4割、攻撃を経験 - 1割で業務などに影響