Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者や研修医など個人情報5.7万件が所在不明 - 大崎市民病院

宮城県の大崎市民病院において、患者や研修医の個人情報が保存されたハードディスクが所在不明になっている。約5万7000件の個人情報が保存されていたという。

同院によれば、院内事務室のパソコンに接続していたポータブルハードディスクの所在がわからなくなっているもの。4月2日7時過ぎに紛失へ気が付いた。ハードディスクには、研修医が学会や研修会で使用するために抽出したデータを保存していたという。

具体的には、2004年から2017年にかけて扱った患者の個人情報として約4万3500人分の氏名と病名、約4000人分の氏名と住所、約500人分の氏名と住所、病名が含まれる。また、研修医関係の個人情報約3000人分と、研修参加者の個人情報約2000人分、個人識別符号約4000人分なども保存していた。

3月30日19時過ぎにパソコンのログから接続が確認されているが、以降の所在がわからないという。同日より紛失に気が付くまでの期間中、事務室では人事異動にともなう事務机などの配置変えが行われていたことから、その際に紛失した可能性が高いと説明している。

同院では、紛失の対象となる患者や関係者を特定したうえで、個別に説明と謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2018/04/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

中学校で個人情報入りUSBメモリを紛失、住民の拾得で判明 - 千葉市
顧客情報含む資料を車の上に置いて走行中に紛失 - 大丸
児童の個人情報含むCD-ROMを紛失、判明は11月 - 大阪府
新薬の安全性定期報告書が所在不明 - 医薬品医療機器総合機構
USBメモリを紛失、農業団体の名簿など含む可能性 - 川崎市
顧客情報記載の予約伝票を紛失 - タワーレコード
印影など含む口座振替依頼書を紛失 - 高島屋京都店
患者情報含むUSBメモリ3本が所在不明 - 大阪市大付属病院
顧客情報含む資料を検針員が紛失 - 中部電力
2支店で納付書控え1.8万件が所在不明 - 鹿児島興業信組