Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスはVPN経由、社内チャットで情報収集か - マイネット報告

マイネットグループが運営するサーバがサイバー攻撃を受け、オンラインゲーム13タイトルのサービスが停止した問題で、VPN経由で侵入され、特権IDを用いて削除プログラムを実行されていたことがわかった。

20180406_mn_001.jpg
不正アクセスを受けたマイネットのウェブサイト

同社が取りまとめた中間報告で明らかになったもの。3月1日および同月3日の2回にわたり、同社グループ会社のマイティゲームスに対して不正アクセスがあり、同社グループが運営している13タイトルに障害が発生。復旧作業とともに社内調査を進めている。

今回の不正アクセスは、攻撃者が何らかの方法で入手したIDとパスワードを使用。VPN経由でアクセスしたものと見られている。

同月1日に発生した最初の攻撃では、同社グループのネットワークに侵入後、攻撃者は事前に入手したサーバの特権IDを用いてサーバにログインし、サーバ上のデータを削除するスクリプトを実行。

(Security NEXT - 2018/04/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ソニーミュージックの公式サイトが改ざん - 原因は調査中
不正アクセス受けた「宅ふぁいる便」が終了
トーラムオンラインにPWリスト攻撃 - 不正ログインが発生
国際金融取引システムの不正送金に北朝鮮「APT38」が関与 - 外交交渉の裏で止まぬ攻撃
「ダイヤモンド・プリンセス」運営会社から情報流出 - 2019年中ごろに発生
不正アクセスでサイトが改ざん被害 - 鹿児島大
海外子会社に不正アクセス、スパムの踏み台に - 化学工業メーカー
子会社従業員のなりすましメールに注意喚起 - 読売テレビ
まつ毛エクステ通販サイトに不正アクセス - 決済画面が改ざん
ストレッチ専門店で不適切な求人広告 - 元従業員改ざん