Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスはVPN経由、社内チャットで情報収集か - マイネット報告

マイネットグループが運営するサーバがサイバー攻撃を受け、オンラインゲーム13タイトルのサービスが停止した問題で、VPN経由で侵入され、特権IDを用いて削除プログラムを実行されていたことがわかった。

20180406_mn_001.jpg
不正アクセスを受けたマイネットのウェブサイト

同社が取りまとめた中間報告で明らかになったもの。3月1日および同月3日の2回にわたり、同社グループ会社のマイティゲームスに対して不正アクセスがあり、同社グループが運営している13タイトルに障害が発生。復旧作業とともに社内調査を進めている。

今回の不正アクセスは、攻撃者が何らかの方法で入手したIDとパスワードを使用。VPN経由でアクセスしたものと見られている。

同月1日に発生した最初の攻撃では、同社グループのネットワークに侵入後、攻撃者は事前に入手したサーバの特権IDを用いてサーバにログインし、サーバ上のデータを削除するスクリプトを実行。

(Security NEXT - 2018/04/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

バイク用品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が被害
「7pay」不正利用問題で対策プロジェクトを立ち上げ - セブン&アイHD
人材派遣会社に不正アクセス - 情報流出の有無など調査中
「7pay」が全面的にチャージ停止 - 「7iD」のPW再設定機能は修正中
教員メルアカ、スパム送信の踏み台に、メールの不正閲覧も - お茶の水女子大
石井スポーツ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
フォトブックサービスに不正アクセス - クレカ情報約1.5万件が流出か
「7pay」で不正利用被害 - 使い回しなど推測容易なPW利用は危険
学生メルアカが乗っ取られスパム送信、情報流出の可能性も - 東北工業大
感染は「Emotet」亜種、メール経由で - 多摩北部医療センター