Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Memcached」によるDDoS攻撃、3月に約4000件 - 攻撃は1年以上前から

キャッシュサーバ「memcached」を踏み台に利用したDDoS攻撃が発生している問題で、3月の1カ月間に少なくとも約4000件の攻撃が発生していたことがわかった。

アーバーネットワークスによると、「memcached」を悪用したリフレクション攻撃は、ワールドワイドで2月に2000件近くを観測。3月に入ってさらに増加し、3月26日の時点で3970件の攻撃が確認されているという。

一方国内を見ると、2月は若干多いものの10件以下で推移してきたが、3月に入り急増。58件を観測した。国内における攻撃は、件数ベースで全体の約1.5%に過ぎないが、高い増加率を示しており、今後の動向が注目される。

20180403_ab_003.jpg
DDoS攻撃の推移。上段がワールドワイド、下段が日本(グラフ:アーバーネットワークス)

(Security NEXT - 2018/04/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Interop Tokyo 2019が開幕 - 「Best of Show Award 2019」が決定
マルチベクトル型DDoS攻撃へ動的に対応する新機能 - A10
4月はDDoS攻撃が1.6倍に、ただし規模は縮小傾向 - IIJ
DDoS攻撃対策製品を機能強化、最大500Gbpsに対応 - A10
脆弱性で感染広げるボットネット「Muhstik」 - 「WebLogic」を標的に
件数減るも20Gbps規模のDDoS攻撃を引き続き観測 - IIJ
「Drupal」脆弱性で感染を拡大するボット「Muhstik」見つかる
2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
2月はDDoS攻撃の観測件数が増加 - 目立つLDAPの増幅攻撃
金融庁、100社参加の横断的演習を実施 - 仮想通貨取引所やFX事業者が初参加