Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託先による入力ミスや入力漏れで約15万人分の年金支払に影響

20180327_nn_001.jpg

日本年金機構の委託先事業者における「扶養親族等申告書」のずさんな入力処理などが判明した問題で、本来とは異なる年金が支給されるなど、14万9000人に影響が出ていることがわかった。

今回の問題では、委託業者が本来禁止されている再委託を海外の事業者に対して実施していたことにくわえ、入力ミスや入力漏れなどずさんな処理が判明。同機構では年金支給の影響範囲について調査を進めていた。

問題となった委託先では、31万8000人分の申告書で入力ミスが発生。そのうち7万人で誤った金額により支給が行われていた。

内訳を見ると、4万5000人に関しては源泉徴収税額が本来より少なく、年金が多く支給され、合計8000万円が過剰に支給された。また2万5000人に関しては、本来より多い金額で源泉徴収が行われたことから、総額5300万円が正しく支給されていないという。

(Security NEXT - 2018/03/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

6月のDDoS攻撃観測、前月の3分の2に
「HTTP/2」の実装に複数脆弱性 - DoS攻撃手法が明らかに
同意なしで信用情報取得、営業に利用 - 鹿児島信金
無許諾のイラストを暑中見舞い用素材として提供 - 日本郵便
「Bluetooth」に暗号化強度下げる「KNOB攻撃」が判明
海外子会社に不正アクセス、顧客情報が流出 - みずほ銀
スイッチ「Cisco Small Business 220」に複数の深刻な脆弱性
日本語などテキスト処理に脆弱性、Win XP以降に存在 - 報告者が詳細公表
「Firefox」にマスターパスワード認証が回避されるおそれ - アップデートを実施
DX向けサービスのリスク評価や対策を支援 - NRIセキュア