Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

GE Healthcareの複数医療機器に認証回避のおそれ - 米機関が注意喚起

医療機関で利用されるGE Healthcareの複数機器に、認証を回避してアクセスが可能となる脆弱性が20件以上見つかっていることから、米国土安全保障省が注意を呼びかけた。

ICS-CERTによれば、脆弱性はセキュリティ研究者のScott Erven氏が指摘したもの。20以上の医療機器においてデフォルトやハードコードされたパスワードを利用していることが判明している。

2001年以降たびたび脆弱性が報告されており、CVEベースであわせて23件に及ぶ。容易に悪用することが可能で、悪用された場合、リモートの攻撃者によって認証を回避し、機器にアクセスされるおそれがある。

GE Healthcareでは、一部を除いてパスワードを置き換えるアップデートを用意しているという。セキュリティ機関では、運用環境や影響などを評価した上で、ベンダーと連絡を取り、パスワードの変更などサポートを受けるよう推奨している。

(Security NEXT - 2018/03/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
「Firefox 67」がリリース、21件の脆弱性を修正 - コインマイナーのブロックに対応
Intel プロセッサの「MDS」脆弱性、OSベンダーも対応呼びかけ
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
EC-CUBE向けの簡易脆弱性診断を無償提供 - SHIFT SECURITY
MS、月例パッチで脆弱性79件を解消 - 一部でゼロデイ攻撃が発生
Windowsに深刻な脆弱性、ワームに悪用可能 - 「Windows XP」など旧OSにもパッチ提供
「Adobe Acrobat/Reader」に84件の脆弱性 - アップデートで修正
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - コード実行のおそれ