Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

GE Healthcareの複数医療機器に認証回避のおそれ - 米機関が注意喚起

医療機関で利用されるGE Healthcareの複数機器に、認証を回避してアクセスが可能となる脆弱性が20件以上見つかっていることから、米国土安全保障省が注意を呼びかけた。

ICS-CERTによれば、脆弱性はセキュリティ研究者のScott Erven氏が指摘したもの。20以上の医療機器においてデフォルトやハードコードされたパスワードを利用していることが判明している。

2001年以降たびたび脆弱性が報告されており、CVEベースであわせて23件に及ぶ。容易に悪用することが可能で、悪用された場合、リモートの攻撃者によって認証を回避し、機器にアクセスされるおそれがある。

GE Healthcareでは、一部を除いてパスワードを置き換えるアップデートを用意しているという。セキュリティ機関では、運用環境や影響などを評価した上で、ベンダーと連絡を取り、パスワードの変更などサポートを受けるよう推奨している。

(Security NEXT - 2018/03/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - まもなく今月2度目のアップデート
「Adobe Acrobat/Reader」が定例外アップデート - 前回修正が不十分で
ソーシャルボタン設置する「WordPress」用プラグインに深刻な脆弱性
MQTTプロトコル汎用ライブラリの旧版にDoS攻撃受ける脆弱性
VMwareの複数製品に「runc」の脆弱性 - 一部製品にアップデート
「なりすまし」生じる「Exchange Server」の脆弱性へ対処 - MS
MS月例パッチ 、脆弱性74件を修正- 悪用確認済みのゼロデイ脆弱性にも対応
コンテナランタイム「runc」の脆弱性、実証コードが複数公開 - 早期対策を
「ColdFusion」に深刻な脆弱性 - コード実行のおそれ
Mozilla、3件の脆弱性に対処した「Firefox 65.0.1」をリリース