Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

熊本県のメルマガサイトに不正アクセス - 改ざんや個人情報漏洩が発生

熊本県の一部ウェブサイトが不正アクセスを受け、サーバ内部に保存されていた個人情報が外部へ流出したことがわかった。

同県によれば、メールマガジン「気になる!くまもと」のウェブサイトで改ざんが発生。3月17日に気が付き、調査を行ったところ、サーバ内部に保存されていた個人情報1万2424件が外部へ流出していることが、翌18日に判明したという。

流出したのは、2008年5月から2018年1月にかけてプレゼント企画へ応募した読者会員に関する個人情報。メールアドレス、性別、年齢、都道府県、アンケートへの回答内容などが含まれる。

同県では不正アクセスの経緯など調査を進めている。同サイトは、委託を受けた外部事業者が運営しており、同県公式サイトや庁内のネットワークシステムとは別システムで運営しているという。

今回の問題を受け、同県では流出した読者のメールアドレスに対して謝罪のメールを送信し、注意喚起を行っている。

(Security NEXT - 2018/03/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メールアカウントが不正アクセス被害、スパムの踏み台に - システム開発会社
不正アクセスで不祥事対応の内部情報が流出 - 高知県立大
不正アクセスによる情報流出、件数を訂正 - 日本がん治療認定医機構
排卵検査薬の通販サイトに不正アクセス - 情報流出の可能性
アサヒ軽金属のネットショップに不正アクセス - 最大7.7万件のクレカ情報が流出か
不正プログラムが設置、カード情報が外部流出 - 衣料品通販サイト
職員と部署のメールアカウントに不正アクセス、メール漏洩やスパム送信など - 明大
マニュアル作成サービスへの不正アクセスを否定 - 操作ミスが原因
アンケートシステムに不正アクセス、個人情報が流出 - Z会グループ会社
通販サイトに不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - フレーバーライフ社